医師・診療科・部門紹介

睡眠時無呼吸症候群(SAS)について

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)とは眠っている間に呼吸が止まる病気です。無呼吸自体で即、窒息死を起こすことはありません。それよりもむしろ、きちんと睡眠を取れていないことなどにより、体がじわじわと侵され、高血圧症や心疾患など生活習慣病になったり、昼間の眠気により、労働災害や交通事故を起こしたりすることが問題視されている病気です。

睡眠時無呼吸症候群の方は、健康な方と比較して高血圧を発症する可能性は2倍、狭心症・心筋梗塞は3倍、脳血管障害は4倍、糖尿病は1.5倍という報告があります。

その他にも高脂血症・高尿酸血症の合併も多いことが判明しています。米国のデータでは、睡眠1時間あたり20回以上無呼吸が記録された患者さんは無治療のまま放置すると、9年後には10人のうち4人は心臓病・脳血管障害・交通事故などで亡くなっていたという衝撃的な報告もあります。

診断基準
  • 7時間の睡眠中に10秒以上の無呼吸数が30回以上起こる。
  • 睡眠1時間あたりの無呼吸数や低呼吸数が5回以上起こる。
原 因
  • 首まわりの脂肪→気道をふさいでしまう
  • 小顎症(顎が小さい)
  • 舌が大きい→喉をふさいでしまう
  • 鼻中隔湾曲症(鼻の気道が曲がっている)
  • 扁桃肥大・アデノイド・軟口蓋沈下・舌根沈下

治療希望の方

受診方法
  • 岩井整形外科内科病院の内科外来にて、本間医師の診察をお受けください。
    本間医師の診察日は外来担当表を御確認ください。
  • 外来予約は必要ございません。
  • 受付窓口にて睡眠時無呼吸症候群の治療希望の旨をお申し出ください。
治療方法

睡眠時無呼吸症候群は睡眠中の出来事ですので、検査はご自宅でしていただき、睡眠に関する様々なことを測定する簡易検査(簡易型睡眠ポリグラフィー)を実施します。簡易型睡眠ポリグラフィーは睡眠中の呼吸の状態をみるために、鼻の気流や呼気運動、血液中の酸素の濃度などを同時に記録します。測定には体にセンサーを取り付けますので、少々わずらわしく感じるかもしれませんが、痛みを伴う検査ではありませんのでご安心ください。

検査後、睡眠時無呼吸症候群と診断された場合は、当院より適切な治療のできる医療機関をご紹介いたします。同時に、ご自身で生活習慣の見直しも行うようにしましょう。肥満ぎみの方は運動を、アルコールを飲む方は就寝前の飲酒は控えるようにしましょう。また、睡眠薬などを服用している方は、主治医にご相談ください。薬の中にはかえって無呼吸を悪化させるものがあります。

CPAP療法

就寝時に患者さんの鼻から空気を送り込み、気道は閉じてしまわないようにする方法です。睡眠時無呼吸症候群の治療法として確立している方法です。

診療の流れ
初診、来院
睡眠時のいびき、無呼吸、日中の眠気などを訴え来院
当院にて検査
問診・診察・一般的な検査(合併症の有無) ※胸部X線、心電図、血液検査等
自宅にて検査
簡易型ポリグラフィー検査(ご自宅にて検査を行って頂きます)
※ 検査結果の解析には約1週間かかります。
治療・経過
異常があった場合
CPAP療法を導入し、当院外来にて経過を観察します。
精密検査が必要な場合
終夜睡眠ポリグラフィー検査(1泊2日)が可能な医療機関を紹介します。異常が見つかった場合、CPAP療法を導入し、当院外来にて経過を観察します。
異常がなかった場合
当院外来にて経過を観察します。
ページトップへ戻る
公式SNS
Face book You Tube
Twitter Face book