医師・診療科・部門紹介

内視鏡検査とは

柔軟性に富んだシャフトの先端に高性能CCDカメラを搭載し、その画像をモニターに映しだして診断や治療をリアルタイムにすすめていく検査機器です。観察方向はシャフトのひねりと手元にあるハンドル操作で自由に変えることが可能です。また鉗子口という穴が開いているので生検や処置具を使用した治療行為も行うことも可能です。あらゆる分野に応用されていますが、当院で実施しているのは上部および下部消化管内視鏡検査です。

直径は種類によって異なりますが岩井整形外科内科病院では上部用は9.2mm、下部用は13mmのものを使用しています。視認可能な大きさも種類によって異なりますが、当院にて使用しているものでは条件が良ければ5mmの胃癌や2mmの大腸ポリープを発見することが可能です。

早期胃がん
早期胃がんの画像
食道がん
食道がんの画像
上部消化管内視鏡検査とは

上部消化管内視鏡検査は柔軟な内視鏡を口から挿入し、食道・胃・十二指腸の異常の有無を調べる検査です。癌やポリープなどの腫瘍、炎症の有無などを調べ、必要な場合には生検(組織の一部を採取すること)を行います。

下部消化管内視鏡検査とは

下部消化管内視鏡検査は柔軟な内視鏡を肛門から大腸へ挿入し、大腸の異常の有無を調べる検査です。大腸の癌やポリープ、炎症の有無などを調べ、必要な場合には生検(組織の一部を採取すること)やポリープ切除等の治療を行います。

内視鏡検査希望の方はこちら

担当医・設備について

設備面においてはOLYMPUS社製の最新鋭機器を使用しており、内視鏡指導医・内視鏡専門医である担当医師2人によって行っております。また現在も担当医師が虎の門病院にて内視鏡検査を担当することにより、常に技術の向上と最先端の知識の吸収に努めております。

虎の門病院内視鏡室における内視鏡検査を当院にて実現していると言っても過言ではありません。

受診方法
  • 岩井整形外科内科病院の内科外来にて、内科医の診察をお受けください(医師の指定はございません)。診察時に検査日の予約を行います(検査自体は後日行います)。
  • 抗凝固剤・抗血小板剤の内服中の方、また、薬のアレルギー、前立腺肥大、緑内障、心疾患などの既往がある方は事前にお申し出ください。
  • 外来予約は必要ございません。
  • 受付窓口にて内視鏡検査希望の旨をお申し出ください。
検査日
  • 上部消化管内視鏡検査 ・・・ 火・水・木・金・土曜日(全て午前)
  • 下部消化管内視鏡検査 ・・・ 金曜日(午後)
ページトップへ戻る
公式SNS
Face book You Tube
Twitter Face book