岩井グループの取り組み

MIT(最小侵襲治療)とは

MITは「最小侵襲治療」の略です。MED・MEL・USE・PN・PLDDなどが含まれ、医療・教育・研究を行っております。それらの質を維持するために、外部から技術アドバイザリースタッフに就任頂いております。

技術アドバイザリースタッフ

河合 伸也 先生
1970年 済生会山口総合病院 整形外科部長
1973年 米国 イリノイ大学留学
1979年 山口大学 整形外科 助教授
1983年 山口大学 整形外科 教授(~平成16年)
山口大学医学部附属病院理学療法部長(兼任)、手術部長(兼任)
1993年 山口大学医学部附属病院長(兼任)(~平成9年)
2003年 山口大学学長特別補佐
2004年 山口大学医学部 定年退職(3月31日)
国立大学法人 山口大学 理事 兼 副学長(4月1日)
  • 日本整形外科学会副理事長(1997年~2000年)
  • 日本脊椎脊髄病学会副理事長(2000年~2004年)
  • 日本脊椎脊髄病学会理事長(2004年~2007年)
  • 『運動器の10年世界運動』日本委員会運営委員長(2000年~)
奥津 一郎 先生(おくつ整形外科クリニック 院長)
1972年 日本医科大学卒業
東京大学医学部整形外科学教室入局
1980年 日本赤十字社医療センター整形外科 副部長
1997年 日本赤十字社医療センター整形外科 部長
2003年 日本赤十字社医療センター退職(6月)
おくつ整形外科クリニック開院(7月)
夏山 元伸 先生
1979年 東京大学医学部医学科卒業、東京大学医学部附属病院
1980年
~1988年
亀田総合病院、日本赤十字社医療センター
東京女子医科大学リウマチ痛風センター
東京大学医学部附属病院、東京都立豊島病院 に勤務
1990年 関東労災病院 スポーツ整形外科
1993年 関東労災病院 スポーツ整形外科副部長
1996年 関東労災病院 整形外科副部長
2001年 関東労災病院 整形外科部長
  • アジア太平洋最小侵襲脊椎手術学会理事・2005年度会長
  • 日本内視鏡低侵襲脊椎外科学会幹事・2000年度会長
  • 日本脊椎脊髄病学会評議員・脊椎脊髄外科指導医
  • 日本関節鏡学会評議員、日本最小侵襲整形外科学会世話人
  • 日本内視鏡外科学会広報委員
出沢 明 先生
1980年 千葉大学医学部卒業、整形外科学教室入局
1987年 千葉大学大学院卒業、国立横浜東病院整形外科医長
1988年 千葉市療育センター通園センター所長
1991年 帝京大学医学部 整形外科講師
1996年 帝京大学溝口病院 整形外科 助教授
2003年 帝京大学溝口病院 整形外科 助教授、医長
2004年 帝京大学溝口病院 整形外科 教授、医長
  • 日本内視鏡外科学会評議員、用語委員、技術認定制度委員
  • 日本最小侵襲整形外科研究会世話人 第9回研究会会長
  • 日本脊椎脊髄病学会評議員
  • 日本脊椎内視鏡研究会幹事、第1回研究会会長
  • 日本関節鏡学会理事
  • 日本エピドロスコピー研究会世話人
  • 国際整形外科学会会員
ページトップへ戻る
公式SNS
Face book You Tube
Twitter Face book