お知らせ

当グループで研修を受けられた医師が脊椎内視鏡下手術・技術認定医を取得しました

2016年04月16日

当グループで研修を受けられた医師( 井上医師馬場医師志保井医師 )3名が、日本整形外科学会認定の脊椎内視鏡下手術・技術認定医を取得しました。現在も非常勤医師として、当グループの外来にて診療を行っております。
なお、井上先生は栃木県で初めて資格を取得した医師になりました。

井上医師
馬場医師
志保井医師

整形外科医師の研修・教育体制


脊椎内視鏡下手術・技術認定医とは、脊椎内視鏡手術の高い技術を有する医師の事を言います。
2年以上の脊椎内視鏡下手術の修練を行った医師で、定められた資格を有し、指定のセミナーを受講、さらに学会発表を行うなど、申請に多くの要件があり、ハードルの高い資格です。

当グループの常勤医師でこの資格を取得している医師は3名おり、これまでに当グループで研修を受けられた医師で、資格を取得された医師は5名となり、計8名が当グループの関係者です。ちなみに、脊椎内視鏡下手術・技術認定医は全国に167名、東京都に20名いらっしゃいます。

以下に、日本整形外科学会が掲載している脊椎内視鏡下手術・技術認定医についての記事を掲載しました。

日本整形外科学会認定脊椎内視鏡下手術・技術認定医とは?

日本整形外科学会認定 脊椎内視鏡下手術・技術認定医は整形外科専門医試験に合格して「整形外科専門医」の資格を取得した上で、さらに、「日整会認定脊椎脊髄病医」としての資格を取得した後、実技試験を受けて「脊椎内視鏡下手術・技術認定医脊椎脊髄病医」の資格を取得します。継続するための要件も厳しく、手術時のビデオの提出などが義務付けられています。

引用元:公益社団法人 日本整形外科学会
  • 岩井グループ
    施設紹介

当グループは東京都江戸川区と品川区に病院が御座います。
腰や首の治療は両病院、スポーツによるケガの治療は稲波脊椎・関節病院で行っております。

ページトップへ戻る