医師・診療科・部門紹介

腰部脊柱管狭窄症はどんな病気?

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)はどんな病気なのか、症状、放っておくとどうなるかなどについて、ご説明します。また、腰部脊柱管狭窄症における共通した症状である間欠性跛行(かんけつせいはこう)や、下肢(足)の痛みを引き起こす坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)についても掲載しております。診断・治療方法についてはこちらをご覧ください。

腰部脊柱管狭窄症はどんな病気ですか?

痛みで腰を押さえている人の画像

腰部脊柱管狭窄症は、加齢など様々な原因で骨・関節・椎間板・靭帯などが肥厚し、脊柱管(せきちゅうかん)が狭くなることにより神経を圧迫し、血行を阻害することにより症状が出る病気です。腰椎椎間板ヘルニアと同様に坐骨神経痛を引き起こす病気の一つでもあります。

 通常、椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛は腰椎前屈位によって坐骨神経が引っ張られ、症状が悪化する傾向があります。これに対して脊柱管狭窄症では、腰椎後屈位で狭窄が悪化します。右の腰椎後屈位画像からは神経の管が狭くなっていることが確認できます。

腰椎前屈位
腰椎前屈位のイラスト
腰椎後屈位
腰椎後屈位のイラスト

腰部脊柱管狭窄症の症状はどんなものがありますか?

間欠性跛行が脊柱管狭窄症における共通した症状ですが、圧迫される箇所によって、痛みの部位が変わります。主に以下三つの症状に分けられます。

馬尾型(ばびがた)
馬尾型のイラスト

馬尾神経(脊柱管の中心部分)が圧迫されるタイプ。
両下肢のしびれ感、冷感、疼痛、排尿障害(膀胱直腸障害)などの痛みが起きます。

神経根型(しんけいこんがた)
神経根型のイラスト

馬尾神経から分岐した後の神経根が圧迫されるタイプ。
臀部(でんぶ)から足にかけての痛みが起きます。

混合型(こんごうがた)

馬尾型および神経根型両方の症状が起きているタイプ。

腰部脊柱管狭窄症を放っておくとどうなりますか?

腰部脊柱管狭窄症は、原則的にはひとりでに治っていくことの少ない病気です。座っても横になっても足のしびれが残るようになると、手術をしてもその症状は治りません。腰の痛みで、ご不安に思うこと、お悩みのことなど御座いましたら、遠慮なくご相談ください。

坐骨神経痛とはなんですか?

坐骨神経のイラスト

背骨から出た坐骨神経は、お尻を貫いて太ももの後面を下がり、ふくらはぎを通って足に分布します。この神経の通り道が痛むことをを坐骨神経痛と言います。

 坐骨神経痛を病名だと思っている方がいますが、これは「腹痛」等と同じように単なる症状名です。原因としては腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎分離すべり症、仙腸関節炎、梨状筋症候群、股関節疾患などさまざまです。

腰が悪いのになぜ下肢(足)が痛むのですか?

坐骨神経痛で下肢が痛む部分のイラスト

下肢の痛みを脳に伝えるのは、主に坐骨神経とその中枢にある脊髄ですが、下肢以外のところでもこの神経のどこかに異常があると下肢の痛みとして感じてしまうのです。

 電話を考えると解りやすいでしょう。電話線を途中(腰)でいたずらすると、聞き手(脳)は話し手の所(下肢)で音がしたと思うのと同じです。このように腰に悪い所があっても坐骨神経の支配域である太もも、ふくらはぎや足などに痛みを起こすのです。

間欠性跛行とはなんですか?

しばらく歩き続けていると足の痛みやしびれ、つっぱり感が出現し歩けなくなりますが、少し前屈みになって休むと痛みやしびれが軽くなり、また歩けるようになる症状を間欠性跛行と言います。

 下肢の血管障害でも間欠性跛行の症状が出現することがありますが、姿勢を前屈みにしても症状が変わりません。同じような原理で、腰がやや前屈みとなる自転車では、いくら長時間乗っても間欠性跛行の症状が出現しない場合が多いです。

間欠性跛行のイラスト
ページトップへ戻る
公式SNS
Face book You Tube
Twitter Face book