手術・治療のご案内

Disc-Fx(経皮的ラジオ波椎間板焼却・摘出術)とは

中程度のヘルニアに対して選択される手術で、ヘルニアのすぐ下の髄核を摘出しラジオ波で損傷部分の線維輪を凝固収縮させることで痛みを取る方法です。

Disc-Fxの手順
  • 穿刺針によって椎間板に3mmほど皮切を入れます。
  • カニューラを椎間板後方に挿入します。
  • カニューラ内に鉗子を挿入し、髄核の一部を摘出します。
  • トリガーフレックスを挿入し、ラジオ波を当て髄核を蒸散させ、変性した線維輪に治療を施します。
Disc-Fxを実施できる主な疾患
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 腰椎椎間板変性症
Disc-Fxを実施できる主な疾患

Elliquence社 Disc-Fx

Disc-Fxのメリット・デメリット

メリット
傷痕が目立ちません。(3mm程度)
局所麻酔下で実施し、日帰りも可能。
髄核や線維輪を切開しないので、ヘルニア再発の可能性が少ない。
デメリット
健康保険非適応。

Disc-Fxの入院から退院までの流れ

手術当日
入院 術前の準備をします。
準備 注射・点滴などの事前準備を行います。
その後、ストレッチャーで手術室へ移動します。
手術 手術を行います。
術後3時間はベッド上安静が必要です。
その後は普通に退院可能です。
術後1週
普通の日常生活が可能です。ただし、症状が悪化することもありますので、外せない予定などは入れないでください。

※ 上記は一般的な予定であり、個人差があります。

Disc-Fxを希望の方について

手術までの流れをご一読して頂き、整形外科外来にて稲波院長の診察をお受けください。

ページトップへ戻る
公式SNS
Face book You Tube
Twitter Face book