手術・治療のご案内

椎間板ヘルニアとは

椎間板の断面図

腰骨(こしぼね)は5つの腰椎と1つの仙骨(せんこつ)、そしてそれぞれの骨の間にある椎間板というクッションからできています。左の図は正常な椎間板です。椎間板は外側部分を線維輪(せんいりん)、その中に髄核(ずいかく)があります。髄核の後方には脊柱管という管が腰骨の中にあり神経が通っています。

 右図のように椎間板の中身である髄核が後ろに出て、神経を圧迫するのが腰椎椎間板ヘルニアです。神経が圧迫されると炎症が起きて、痛みやしびれ、麻痺などの症状が起きます。

椎間板ヘルニアの手術について

椎間板ヘルニアの手術方法

腰椎椎間板ヘルニアに対する手術には大きく分けて2通りの手術があります。1つは椎間板をとって上下の骨を癒合させる方法もう1つはヘルニアと髄核のみをとる手術です。このページではヘルニアと髄核のみをとる手術を紹介します。

腰椎椎間板ヘルニアの手術紹介

内視鏡下手術 enSpire法 レーザー治療

手術の種類 術式 麻酔 入院日数 保険適用 有効率
内視鏡下手術 MED 全身麻酔 4~7泊 有り >90% 18~20mm弱
内視鏡下手術 PELD 全身麻酔 2~3泊 有り ≒90% 7mm
enSpire法 enSpire 局所 半日~1泊 無し
60万円
70~80% 針穴
レーザー治療 PLDD 局所 半日~1泊 無し
35万円
60~70% 針穴
切開手術 従来法 全身麻酔 3週間程度 有り >90% 50mm~

※ 上記の内容はあくまでも目安になります。予めご了承ください。

MED(内視鏡下腰椎椎間板摘出術)

MEDとは
MED紹介画像 MEDは内視鏡下で椎間板ヘルニアを摘出する手術です。当院では最もスタンダードな手術です。傷口は18~20mm弱で、最も治療成績は良いですが、5~6泊の入院が必要です。
MEDの特徴
メリット
傷痕が小さい。(18~20mm弱)
従来法のように背部の筋肉を大きく切る必要がない。
術後の痛みが軽く、回復も早く、手術部分の細菌感染の危険性が少ない。
退院が早く(4~7泊)、日常生活や仕事への復帰が早期に行える。

MED(内視鏡下腰椎椎間板摘出術)について詳しく知る

PELD(経皮的内視鏡下腰椎椎間板摘出術)

PELDとは
PELD紹介画像 PELDは、直径7mmの微小内視鏡下で椎間板ヘルニアを摘出する手術です。筋肉の剥離が従来の手術方法より少なく、全身麻酔で行います。
PELDの特徴
メリット
傷痕が目立ちません。(7mm弱)
術後の痛みが軽く、回復も早く、感染の危険性が少なく、呼吸器系の合併症も少ない。
背骨に付いている筋肉を剥がすことが最少。脊柱の安定性を損なうことが非常に少ない。
退院が早く(2~3泊)、日常生活や仕事への復帰が早期に行える。
通常の内視鏡下手術よりも低侵襲です。低侵襲とは患者さんのお身体への負担が少ない治療のことを言います。

PELD(経皮的内視鏡下腰椎椎間板摘出術)について詳しく知る

enSpire(経皮的椎間板粉砕・切除術) 現在enSpireは実施できません

enSpireとは
enSpire紹介画像 enSpireは、椎間板に針を刺し、針先端のワイヤーを椎間板内で広げます。広げたワイヤーを回転させてヘルニアを砕きながら吸引します。椎間板内に空洞ができることでヘルニアを縮小する手術方法です。針穴で行う手術としては、最も効果があると考えています。
enSpireの特徴
メリット
傷痕が目立ちません。(針の穴程度)
1拍2日の短期入院。術後の回復も早く、日常生活や仕事への復帰が早期に行える。
ヘルニアの再発が少ない。
内視鏡下手術よりも複雑さが少ない。
デメリット
健康保険非適応。

enSpire(経皮的椎間板粉砕・切除術)について詳しく知る

PLDD(経皮的レーザー椎間板減圧術)

PLDDとは
PLDD紹介画像 PLDDは椎間板の中央に針を刺し、その中を通してガラス繊維を入れ、先からレーザー光線を照射して椎間板の中央部を焼灼して神経を圧迫しているヘルニアの圧迫力を下げる手術です。他にもレーザー自体に消炎鎮痛効果が有ると言われています。
PLDDの特徴
メリット
傷痕が目立ちません。(針の穴程度)
1拍2日の短期入院。術後の回復も早く、日常生活や仕事への復帰が早期に行える。
内視鏡下手術よりも複雑さが少ない。
デメリット
健康保険非適応。

PLDD(経皮的レーザー椎間板減圧術)について詳しく知る

ページトップへ戻る
公式SNS
Face book You Tube
Twitter Face book