手術・治療のご案内

内視鏡下手術について

内視鏡下手術は、患者さんのお身体への負担が少ない脊椎の低侵襲手術を代表する治療法です。従来の切開手術では、50~70mm以上の傷口でしたが、内視鏡下手術ではわずか18~20mm弱で済み、入院期間は4~7日程度と短く早期社会復帰が可能です。

「背骨の手術を受けると車椅子になる」という風評をお聞きになったことがあるかもしれませんが、当グループの7,000例を超える患者さんの中で車椅子になった方、お亡くなりになった方は一人もおりません。また、内視鏡下手術に関し、全て映像での記録を行っております。ご希望の方には手術映像をディスクにコピーしてご提供しております。※ 内視鏡内の映像です。

ME-PLIF/TLIF(内視鏡下腰椎椎体間固定術)とは

手術は最小侵襲法で、腰椎椎間板変性症、腰椎不安定症などの治療の一つとして、内視鏡とX線透視装置を使用して椎体間を固定します。はじめに疾患部位の椎間板を取り、そこにチタン製の「ケージ」と呼ばれる鳥かごのようなものを入れます。ケージには腰骨から取った骨を詰め込んであります。次にネジを4本入れて、ネジとネジを「ロッド」というチタン製の金属棒でつないで固定します。ケージはチタン製以外の素材もあり、執刀医が治療の過程で患者さんに合った素材を使い分けます。

ME-PLIFを受けられた方の手術前の画像 ME-PLIFを受けられた方の手術後の画像

 腰椎変性側弯症の患者さんでME-PLIFを受けられた方の手術前(左)と手術後(右)のレントゲン写真です。手術前は全体的に背骨が湾曲しており、赤く示した椎間板の間が狭くなっています。手術により狭くなっている部分にケージを挿入し椎間板の間を広げ、ロッドで固定することで背骨の湾曲がかなり解消されたのがわかります。

ME-PLIF/TLIF(内視鏡下腰椎椎体間固定術)の手術件数

ME-PLIF/TLIF手術前に確認して頂く内容
  1. 時計、ネックレス、ピアスなどで、かぶれ、かゆみ、ただれ等の症状を起こしたことはありませんか?思い当たることがあれば、医師又は看護師までお知らせください。
  2. 入院後に金属アレルギーがわかった場合、手術ができなくなる事がありますのでご了承ください。
ME-PLIF/TLIFの流れ

手術のおおまかな流れは下記の通りです。

全身麻酔 手術台にうつ伏せ 背部を小切開、内視鏡を使用し、
神経の圧迫を取り除きます
椎間板にケージといわれる
人工物を挿入
レントゲン透視下で
スクリュー等固定器具を挿入
手術終了

ME-PLIF/TLIFのメリット・デメリット

メリット
傷痕が目立ちません。
術後の痛みが軽く、回復も早く、感染の危険性が少なく、呼吸器系の合併症も少ない。
背骨に付いている筋肉を剥がすことが最少。脊柱の安定性を損なうことが非常に少ない。
退院が早く(10~14泊)、日常生活や仕事への復帰が早期に行える。

ME-PLIF/TLIFの動画紹介(当院医師による手術動画)

従来の手術方法との比較

腰部脊柱管狭窄症の手術紹介

内視鏡下手術 内視鏡下手術(固定術)

手術の種類 術式 麻酔 入院日数 保険適用
内視鏡下手術 MEL 全身麻酔 4~7泊 有り 18mm × 1箇所
内視鏡下手術
(固定術)
ME-PLIF/TLIF 全身麻酔 10~14泊 有り 18mm × 1箇所
12mm × 4箇所
内視鏡下手術
(固定術)
XLIF 全身麻酔 10~14泊 有り 30mm × 1箇所
12mm × 4箇所
切開手術 従来法 全身麻酔 3週間程度 有り 120mm~150mm
          × 1箇所

※ 上記の内容はあくまでも目安になります。予めご了承ください。

筋肉剥離の比較

ME・PLIF法(下左図)と従来法(下右図)での筋肉剥離の比較です。ME・PLIF法では、筋肉を剥がす事が非常に少ないので、出血も少なくて済みます。また、化膿する事も少ないと考えられます。

ME・PLIF法
ME-PLIF法の筋肉剥離イメージ
従来法
従来法の筋肉剥離イメージ
ME・PLIF法
ME-PLIF法 ロッド挿入イメージ

ME・PLIFでの創はRod挿入用10mm、椎弓根スクリュー用16mm、内視鏡18mmです。
※ 従来法の固定術で時々見受けられる「腰が重くて、鉄板が入った様だ。」というような術後の症状も、この手術方法では滅多にありません。

ME-PLIF/TLIFの入院から退院までの流れ

手術前日
入院 術前の準備をします。
※ 飲食は夕食まで摂取可能です。
※ 飲水は夜9時迄可能です。

※ 糖尿病など合併症のある方は術前に数日間入院して頂く場合もございます。
※ レントゲンやMRIにより詳細な情報が得られない場合は、脊髄造影検査目的の入院を数日間していただく場合がございます。

手術当日
準備 注射・点滴などの事前準備を行います。その後、ストレッチャーで手術室へ移動します。
手術 手術を行います。
術後 病室へ戻ります。
※ 飲食・飲水は不可。
術後1日
飲食可能。ベッドから起き上がれます。
術後2日
散歩をすることができます。
術後10~14日
退院
術後3週~
軽作業が可能になります。

※ 上記は一般的な予定であり、個人差があります。

ME-PLIF/TLIFに関するQ&A

Q01

入院期間はどれくらいですか?


回 答

手術後10~14日で退院される方が多いです。

Q02

保険適用ですか?


回 答

はい。ME-PLIF/TLIF、XLIFは保険適用でございます。

Q03

入院・手術費はどれくらいですか?


回 答

保険適用で30%の自己負担率の場合、ME-PLIFで約60~70万円、X-LIFで約75~85万円ほどでございます。また、高額療養費現物給付化制度が使えます。尚、個室を希望された場合は室料差額料金がかかります。

Q04

診察を受けてから、どれくらいで手術を受けられますか?


回 答

当院へ受診され、診断・治療方針が決定された患者さんは、「通常1ヶ月以内」に手術が受けられます。全身麻酔で行いますので、その為の検査を行います。その結果、異常があった場合には精密検査などで手術が延びる、あるいはできないという可能性もございます。

ME-PLIF/TLIFを受けられた患者さんの声

ME-PLIF/TLIFを希望の方について

手術までの流れをご一読して頂き、整形外科外来にて常勤医師の診察をお受けください。

ページトップへ戻る
公式SNS
Face book You Tube
Twitter Face book