手術・治療のご案内

内視鏡下手術について

内視鏡下手術は、患者さんのお身体への負担が少ない脊椎の低侵襲手術を代表する治療法です。従来の切開手術では、50~70mm以上の傷口でしたが、内視鏡下手術ではわずか18~20mm弱で済み、入院期間は4~7日程度と短く早期社会復帰が可能です。

「背骨の手術を受けると車椅子になる」という風評をお聞きになったことがあるかもしれませんが、当グループの7,000例を超える患者さんの中で車椅子になった方、お亡くなりになった方は一人もおりません。また、内視鏡下手術に関し、全て映像での記録を行っております。ご希望の方には手術映像をディスクにコピーしてご提供しております。※ 内視鏡内の映像です。

PELD(経皮的内視鏡下腰椎椎間板摘出術)とは

PELDに使用する機器

PELD(Percutaneous Endoscopic Lumber Discectomy)とは、直径7mmの微小内視鏡を使用して行う最小侵襲手術です。腰椎椎間板ヘルニアの手術方法のひとつで、皮膚切開が小さく、体にやさしい手術方法です。入院期間が短く、早期退院、早期社会復帰が可能な手術です。

 PELD手術はうつ伏せ、あるいは横向けで行います。全身麻酔を行い、7mm程皮膚を切開します。切開した小さな穴にチューブを設置し内視鏡や専用の手術器具を挿入します。TVモニターを見ながら、手順に従ってヘルニア等を取り除きます。

PELD(経皮的内視鏡下腰椎椎間板摘出術)の手術件数

PELDが適応とならない場合
  1. 脊柱管狭窄を合併している方。
  2. 椎間腔が狭い方。
  3. ヘルニアが椎間板レベルから頭側、もしくは尾側に大きく脱出している方。
  4. 以前に同じ箇所のヘルニア手術を受けた既往のある方。

PELDのメリット・デメリット

メリット
傷痕が目立ちません。(7mm弱)
術後の痛みが軽く、回復も早く、感染の危険性が少なく、呼吸器系の合併症も少ない。
背骨に付いている筋肉を剥がすことが最少。脊柱の安定性を損なうことが非常に少ない。
退院が早く(2~3泊)、日常生活や仕事への復帰が早期に行える。
通常の内視鏡下手術よりも低侵襲です。低侵襲とは患者さんのお身体への負担が少ない治療のことを言います。
当院では、PELDには健康保険が適用されます。

PELDの動画紹介(当院医師による手術動画)

従来の手術方法との比較

腰椎椎間板ヘルニアの手術紹介

内視鏡下手術 enSpire法 レーザー治療

手術の種類 術式 麻酔 入院日数 保険適用 有効率
内視鏡下手術 MED 全身麻酔 4~7泊 有り >90% 18~20mm弱
内視鏡下手術 PELD 全身麻酔 2~3泊 有り ≒90% 7mm
enSpire法 enSpire 局所 半日~1泊 無し
60万円
70~80% 針穴
レーザー治療 PLDD 局所 半日~1泊 無し
35万円
60~70% 針穴
切開手術 従来法 全身麻酔 3週間程度 有り >90% 50mm~

※ 上記の内容はあくまでも目安になります。予めご了承ください。

筋肉剥離の比較

PELD法(下左図)と従来法(下右図)での筋肉剥離の比較です。PELD法では、筋肉を剥がす事が非常に少ないので、出血も少なくて済みます。

PELD法
PELD法の筋肉剥離イメージ
MED法
MED法の筋肉剥離イメージ
従来法
従来法の筋肉剥離イメージ

PELDの入院から退院までの流れ

手術前日
入院 術前の準備をします。
※ 飲食は夕食まで摂取可能です。
※ 飲水は夜9時迄可能です。
手術当日
準備 注射・点滴などの事前準備を行います。その後、ストレッチャーで手術室へ移動します。
手術 手術を行います。
術後 病室へ戻ります。
※ 飲食・飲水はお腹が動くまで不可。立ち上がったり、歩行は可能です。
術後1~2日
退院
術後1週
軽作業が可能になります。

※ 上記は一般的な予定であり、個人差があります。

PELDに関するQ&A

Q01

PELDは健康保険が適用されるのでしょうか?


回 答

保険適用です。30%の自己負担率ですと約25万円程度です。

PELDを受けられた患者さんの声

PELDを希望の方について

手術までの流れをご一読して頂き、整形外科外来にて稲波院長古閑副院長金子医師横須賀医師のいずれかの診察をお受けください。

ページトップへ戻る
公式SNS
Face book You Tube
Twitter Face book