医師・診療科・部門紹介

病棟情報 ・・・ 整形外科・内科の混合病棟

看護師一同
ベッド数
34床(8人床:2室、4人床:1室、2人床:4室、個室6室)
混合病棟について

整形外科・内科の混合病棟は、ベッド数34床です。

 脊椎疾患の専門的な看護だけでなく、検査入院、骨折、一般内科はもとより、消化器・肝臓・糖尿病教育・手術前の糖尿病コントロール目的入院など、対象も広く他職種との連携をとり、個別性のある看護を目指し、早期退院を目標とした看護を提供しています。

スタッフについて

男性看護師

スタッフの年齢層は20代~60代と幅広く、様々な経験を持つスタッフが働いています。

 4月に新しいスタッフが増え総勢19人の看護師が働いています。男性看護師2名、ママさん看護師も多く頑張っています。働き続けられる環境を提供できるように日々努力しています。

 「仕事を楽しむ」「相手を楽しませる」「相手と向き合う」といった心がけを根付かせる、FISH哲学を取り入れて、スタッフのモチベーションをUPしています。

サンキューカード

サンキューカード

サンキューカードを導入し、患者さんからの感謝の言葉を分析し看護に活かしています。

 ボードは季節感を意識し、病院の中でも季節感を感じられるような工夫をしています。毎月スタッフ同士で何の飾り付けをするか検討するのも楽しみの一つです。

5S活動

サンキューカード

5S活動の一環として、汚れているところをスタッフで検討し病棟の中をキレイにする活動を行っています。

 5Sとは「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「しつけ」の頭文字を取った言葉で、院内でこれらの状態を維持するために、定期的にラウンドを行うなどの活動をしています。

病棟(整形外科・内科)目標

  • 入院から退院後の生活を含め、患者さんが理解し安心に繋がるよう根拠を持った説明ができるようにする。
  • インシデント発生時の原因・要因・対応を理解し、類似のインシデントを減らす。
  • 誇りを持って働き続けられる職場環境となるよう整備する。

フォトギャラリー

ページトップへ戻る
公式SNS
Face book You Tube
Twitter Face book