医師・診療科・部門紹介

腰椎椎間板ヘルニアについて

腰椎椎間板ヘルニアとは

腰部の椎間板が後方に突出し脊髄や神経根を圧迫することによって生じる疾患で、主に下肢症状で下肢に痺れや痛みの放散、感覚の低下、足に力が入りにくいといった症状が現れます。悪い姿勢での動作や作業でヘルニアが起こりやすくなることが知られています。

腰椎椎間板ヘルニアの治療について

ヘルニアによる症状は、時間の経過と共に改善することがあります。例外を除けば、急いで手術が必要というわけではありません。薬物療法やブロック注射、リハビリで痛みのつらい時期を乗り切れば、自然に治癒することがあります。
問題なのは、一向に症状の改善が進まず、悪化してしまう場合です。特に下肢の筋力低下(麻痺)が進む場合や排尿・排便障害が現れた場合には早急な専門医の診察が必要です。状態によっては緊急手術になる場合もあります。

以下の重篤な神経症状がある場合は、
早急に当院のような専門医の診察をお勧めします。

下肢の筋力低下(麻痺)
  • つま先歩きができない。
  • かかと歩きができない。
  • 座った状態で足の親ゆびがあがらない(反らない)。
排尿・排便障害
  • 尿意がわからない。尿が出にくい。
  • 肛門周囲が痺れたり、感覚がない。
  • 失禁する(便や尿が漏れる、出ている感じがわからない)。

腰椎椎間板ヘルニアのリハビリ

上記に記載しました重篤な場合を除き、ここでは保存的な治療(リハビリ)についてご説明します。

腰椎椎間板ヘルニアの症状は個々によって様々です。したがって、その人に適した治療が必要になります。腰椎椎間板ヘルニアの治療として徒手療法(マニュプレーション)や運動療法があります。急性期には改善することもありますが、慢性期では効果が低い場合もあります。当院でもそのような治療を行っておりますが、痛み・痺れといった症状が改善する効果には個人差があります。

遠方の方で自宅付近に当院でも取り入れている「AKA法」、「マッケンジー法」等の治療を行っている医療機関があれば相談してみるのもいいと思います。腰椎椎間板ヘルニアの方で運動により症状が軽快するようであれば継続して行っても良いと思います。しかし、運動により痛み・痺れの症状が強くなるようであれば、運動は控えたほうが良いと思います。腰や下肢の痛みがある方は一度受診することをお勧めします。

ページトップへ戻る
公式SNS
Face book You Tube
Twitter Face book