医師・診療科・部門紹介

すべり症とは

腰椎の椎間節と呼ばれる部分が壊れてしまったり、前後に骨がずれてしまうことを言います。腰椎椎間板ヘルニアと同様に坐骨神経痛を起こす病気の一つです。

「腰椎分離すべり症」と診断された画像
坐骨神経痛

すべり症にはどんな種類があるの?

すべり症の種類には、大きく分けて、2つの種類があります。
個々の背骨を繋げている部分が分離してしまう状態を分離すべり症と呼び、個々の背骨の分離はなく、骨と骨の間にある椎間板が老化により変性することが、原因ででずれたものを変性すべり症と呼びます。

すべり症にはどんな種類があるの?

変性すべり症は中高年を中心に幅広い世代に多い症状です。
中高年に多い理由として、若いころは筋肉や靭帯が健康で腰椎を支える力があるので問題ないのですが、加齢や姿勢などの生活習慣などにより、腰椎を支える力が衰えてしまう為、腰が曲がっている人の多くがこの状態です。
他に骨の成長時期、激しいスポーツをしている方は、腰をひねったり、反らしたりする動作により、疲労骨折を起こすことも分離すべり症になる原因になっております。

すべり症になると、どんな症状が出るの?

すべり症の症状の多くは腰痛です。
自覚症状が出ないこともありますが、長時間の同じ姿勢や立ち仕事や、腰を反らせたり横にまげたりすることにより腰の神経を刺激してしまうと、腰痛や、下肢痛、下肢のしびれなどの症状が現れます。ただし、一般的な激しい痛みなどはない為、治療をしないでそのままにしておくことが多く、それが慢性化していく原因になっております。
また不安定なすべり症は狭窄を悪化させる傾向にある為、狭窄部位に対し神経除圧を施すことや、更には固定術(ME-PLIF/TLIF:内視鏡下椎体固定術など)が適用になります。少しでも違和感を感じましたら一度病院で診てもらうことをお勧めします。

ページトップへ戻る
公式SNS
Face book You Tube
Twitter Face book