脊柱管狭窄症せきちゅうかんきょうさくしょう

質問と回答

脊柱管狭窄症はどんな病気ですか?

背骨の中を通る脊髄からの神経の通り道を脊柱管といいます。脊柱管狭窄とは、この脊柱管を構成する骨や靱帯の肥厚、椎間板の突出などで脊柱管が圧迫を受け狭くなる病気のことを言います。

脊柱管狭窄症はどうして起こるの?

脊柱管を構成する背骨や靱帯、椎間板の加齢変化によって狭くなるほか、背骨のずれ(すべり症など)や椎間板ヘルニアなどでも脊柱管が圧迫されれば、それは狭窄症ともいえるのです。

脊柱管狭窄症はどんな症状が出ますか?

おもな症状は、歩行時や立っているときに臀部から下肢にかけての痛みやしびれです。間欠性跛行といって、歩くと症状が悪化し、休むとやわらぐことが多くの場合にみられます。また、前かがみになる姿勢をとると症状がやわらぐのも特徴的であります。

間欠性跛行のイラスト
*間欠性跛行のイラスト

医学的には神経が圧迫される個所によって、主に三つに分類されます。

1.馬尾型(ばびがた)
脊柱管の中心部分が圧迫される場合。両側の下肢のしびれ感、痛み、冷感などの異常感覚、排尿障害(膀胱直腸障害)がおきます。

馬尾型のイラスト
*馬尾型のイラスト

2.神経根型(しんけいこんがた)
馬尾神経から分岐した後の神経根が圧迫される場合。臀部から下肢にかけての痛みが起きます。多くは片方の側に症状が起きます。

神経根型のイラスト
*神経根型のイラスト

3.混合型(こんごうがた)
馬尾型と神経根型の両方の症状が起きます。

脊柱管狭窄症で手術が必要な場合は、どんなとき?

希ですが排尿障害(尿漏れや尿の排出困難)、排便障害を起こしている場合は早急に手術治療を受ける必要があります。また進行性の筋力低下を認める場合も、早めの手術治療を考慮することがあります。一方で、痛みやしびれは患者さん自身がどれだけ日常生活に支障をきたしているかで手術の必要性を判断いたします。しかし、罹病期間が長すぎると手術を受けた場合も十分な改善を得られないことがあります。

脊柱管狭窄症ではどのような手術を行いますか?

大きく分けて除圧術と固定術の2つの方法があります。

除圧手術は脊柱管を圧迫している骨や靭帯や椎間板を削り、脊柱管の圧迫を解除する方法です。除圧手術の中でも、切開をして行う従来の方法と小さな傷から内視鏡を用いて脊柱管を広げる身体の負担が少ない手術方法があります。内視鏡を用いた手術が現存するもっとも侵襲の少ない手術方法です。

固定術は、背骨にぐらつきがある場合やすべり症により背骨のずれが大きい場合、腰痛が強い場合に行われます。固定術は、通常多くの場合大きく腰を切開する必要がありますが、近年は小さな傷で行う方法や、内視鏡を用いた身体の負担の少ない固定術も可能になっています。

脊柱管狭窄症と診断されましたが、手術以外の治療方法はありますか?

保存治療には、薬物療法やブロック注射があります。脊柱管狭窄症の症状には神経の圧迫だけではなく、神経周囲の血流障害が出ますので、血管を広げ血流を増やす薬物を使用したりもします。他には、腰部の安静やコルセットなどの装具、リハビリ治療を行う場合もあります。

脊柱管狭窄症と診断されましたが、手術を受けなければ将来歩けなくなりますか?

腰部脊柱管狭窄症や腰椎すべり症で手術を受けなくても、車いすになることは多くの場合は心配ありません。しかし、時に神経症状の悪化から足の筋力の低下や、強い痛みしびれで歩行が困難になる場合もあります。その場合は手術のタイミングとなりうるでしょう。また、放っておいても物理的な脊柱管の圧迫が自然に改善することはありません。

腰椎すべり症と腰部脊柱管狭窄症の違いはなんですか?

腰椎すべり症は、腰の骨と骨の間にずれが生じてしまう病気です。ずれが起きることでその部分で段差が生じ脊柱管が狭くなり狭窄症を起こしてしまいます。腰椎すべり症には、加齢変化で起きるすべり症と若年期の疲労骨折が原因と考えられている分離すべり症があります。すべりの程度が大きいものや姿勢によって背骨がぐらぐら動くような不安定なものは腰痛の原因になることがあります。

腰椎すべり症と診断されました。背骨がずれているので金属・ボルトを用いた脊椎固定術をすすめられました。金属を入れたくないのでボルトを入れない手術を行うことは出来ないのでしょうか?

実は金具を用いた背骨の固定術の適応に関しては、いまだに結論が出ておりません。腰痛が強い場合や背骨のずれが大きく、ぐらぐら動く状態では金具を用いた固定術が必要になることがありますが金具は使わずに内視鏡を用いた身体の負担が少ない手術で対応できることが多いのも事実です。

このページをシェアする