手術・治療のご案内

XLIF:内視鏡下腰椎側方椎体間固定術
(脊椎固定術)

当院では、正確で精密なピンポイントな診断を行なって治療方法を提示します。そのピンポイント診断の結果、他の病院で、固定術あるいは多椎間の固定術が必要だと診断されても、当院では、固定術が不要もしくは、より少椎間での固定術で済む場合が多くありました。

内視鏡下手術について

内視鏡下手術は、患者さんのお身体への負担が少ない低侵襲手術を代表する治療法です。従来の切開手術は50~70mm以上の傷口でしたが、内視鏡下手術ではわずか18~20mm弱で済み、入院期間は4~7日程度と短く早期社会復帰が可能です。当院では内視鏡下手術に関し、全て映像での記録を行っており、ご希望の方には手術映像をディスクにコピーしてご提供しております。※ 内視鏡内の映像です。

外科的手術には、手術をした部分が感染する(菌が繁殖する)リスクがあります。内視鏡下手術の創部感染率は、内視鏡を用いない切開手術に比べて感染率が顕著に低いことが分かりました。感染率の違いについて、当グループも協力した研究が論文として発表されています。
Risk factors for surgical site infection after lumbar laminectomy and/or discectomy for degenerative diseases in adults: A prospective multicenter surveillance study with registry of 4027 cases

XLIF(内視鏡下腰椎側方椎体間固定術)とは

XLIFとは体の横側から背骨に侵入する手術方法のため、従来の背骨の手術で行われている背中側から筋肉を展開する必要がない手術方法です。腰の手術方法であるにも関わらず腰の筋肉への侵襲は最小限に抑えることが可能な方法です。傷んだ椎間板の代わりに挿入するケージと呼ばれる金属を、従来の手術よりも大きなものを入れることができるため背骨の安定性、骨の癒合スピードが向上します。

XLIFの流れ
  1. 内視鏡とX線透視装置を用い、疾患部分の椎間板を切除し、「ケージ」と呼ばれる鳥かごのような器具を入れます。※ このとき、狭窄症がある場合には、脊柱管を広げます。
  2. ケージを挿入するときには、腰骨から自分の骨を採取して、ケージに詰めます。
  3. 後方からスクリュー(ネジ)とロッド(棒)で固定します。
XLIFの画像 XLIFの画像
XLIFを実施できる主な疾患

腰椎不安定症 / 腰椎椎間板症 / 椎間板変性症 / 腰部脊柱管狭窄症 / 腰椎すべり症 / 変性側弯症 など

使用する機器

NuVasive社 CoRoent

当院で手術を採用した時期

2013年4月より

XLIFのメリット・デメリット

一般的にXLIFは、内視鏡を用いずに肉眼で行う手術を指しますが、当院ではXLIFの合併症を克服するために、内視鏡を併用することでより確実に視野を確保し安全に手術を行っております。

メリット
背中側の筋を痛めない。
身体の側方から内視鏡を挿入するので、背中側の筋や神経に触れず、手術の傷による術後の痛みが軽減できます。
大きなケージが設置可能。
椎間板に対して、ME-PLIF/TLIFよりも大きなケージを設置することができるので、術後の安定性が増したり、骨が再びくっつくのが早まります。
デメリット
狭窄が高度な症例では使用が難しい。
神経の負担を直接取り除くことができないので、狭窄が高度の場合はXLIF単独で実施するのが難しくなります。
手術困難な場所がある。
一番下の椎間板(L5/S)には解剖学的にアプローチができません。※ 下から二番目の椎間板(L4/5)でも、解剖学的特徴によっては手術困難な場合があります。
大腿部の痛み、しびれ、筋力低下が出ることがある。
術後一過性に大腿部の神経症状が出ることがありますが、多くは6ヶ月以内に自然改善をします。
腸管穿孔。
非常にまれな合併症ですが腸に穴があくことがあります。

従来の手術方法との比較

腰部脊柱管狭窄症の手術紹介
手術の種類 術式 麻酔 入院日数 保険適用
内視鏡下手術 MEL 全身麻酔 4~7泊 有り 18mm × 1箇所
内視鏡下手術
(固定術)
ME-PLIF/TLIF 全身麻酔 10~14泊 有り 18mm × 1箇所
12mm × 4箇所
内視鏡下手術
(固定術)
XLIF 全身麻酔 10~14泊 有り 30mm × 1箇所
12mm × 4箇所
切開手術 従来法 全身麻酔 3週間程度 有り 120mm~150mm
          × 1箇所

※ 上記の内容はあくまでも目安になります。予めご了承ください。

XLIFの入院から退院までの流れ

手術前日
入院 術前の準備をします。
※ 飲食は夕食まで摂取可能です。
※ 飲水は夜9時迄可能です。

※ 糖尿病など合併症のある方は術前に数日間入院して頂く場合もございます。
※ レントゲンやMRIにより詳細な情報が得られない場合は、脊髄造影検査目的の入院を数日間していただく場合がございます。

手術当日
準備 注射・点滴などの事前準備を行います。その後、ストレッチャーで手術室へ移動します。
手術 手術を行います。
術後 病室へ戻ります。
※ 飲食・飲水は不可。
術後1日
飲食可能。ベッドから起き上がれます。
術後2日
散歩をすることができます。
術後1~2週
退院
術後3週~
軽作業が可能になります。

※ 上記は一般的な予定であり、個人差があります。

XLIFに関するQ&A

Q01

入院期間はどれくらいですか?


回 答

手術後10~14日で退院される方が多いです。

Q02

保険適用ですか?


回 答

はい。ME-PLIF/TLIF、XLIFは保険適用でございます。

Q03

入院・手術費はどれくらいですか?


回 答

保険適用で30%の自己負担率の場合、ME-PLIFで約60~70万円、X-LIFで約75~85万円ほどでございます。また、高額療養費現物給付化制度が使えます。尚、個室を希望された場合は室料差額料金がかかります。

Q04

診察を受けてから、どれくらいで手術を受けられますか?


回 答

当院へ受診され、診断・治療方針が決定された患者さんは、「通常1ヶ月以内」に手術が受けられます。全身麻酔で行いますので、その為の検査を行います。その結果、異常があった場合には精密検査などで手術が延びる、あるいはできないという可能性もございます。

XLIFを受けられた患者さんの声

当グループではホームページでの「患者さんの声」掲載を中止致しましたが、ご希望の方にはメールまたは郵送にて送付するサービスを行っております。詳細は「患者さんの声」ページをご覧ください。

「患者さんの声」ページへ移動する

XLIFをご希望の方はこちら

手術までの流れをご一読して頂き、整形外科外来にて稲波医師高野医師古閑医師近藤医師のいずれかの診察をお受けください。
  • 岩井グループ
    施設紹介

当グループは東京都江戸川区と品川区に病院が御座います。
腰や首の治療は両病院、スポーツによるケガの治療は稲波脊椎・関節病院で行っております。

ページトップへ戻る