医師・診療科・部門紹介

看護部のご紹介

看護部長あいさつ

看護部長

ホームページをご覧の皆様、桜が満開の中、2021年度(令和3年)がスタートしました。また一方では、昨年度はCOVID-19の対応に追われた1年間となりました。

当院も協力病院としてコロナ患者さんの受け入れは3床で運用しました。第1波においては手術病床は階を分け、1人1室利用で9床。第2波以降は手術病床を24床で運用しました。

手術2チームとコロナ1チームの3チームはシフト上厳しいでしたが、スタッフの理解と協力を得て何とか乗り切った1年でした。

手術は平均、120件/月、在院日数5.5日と縮小する中、高齢の患者さんも含め面会中止でした。コロナ禍ゆえ患者さんが抱く不安もj熟慮し、病棟と外来・手術室の連携を重視しました。外来説明・OP前訪問、退院指導は家族のお迎えに合わせるなど工夫をしました。アンケートには沢山の感謝の言葉が記載されており、スタッフのモチベーションに繋がったのではと考えています。

コロナチームは、限りなく制約される患者さんの入院環境を支えるために、近隣のコンビ二と連携しお品書きを作成、ナースが買い物代行をし届けました。このような工夫は、患者さんの治療への励みに繋がったようでした。また清掃から始まり、清掃に終わる日々ですが、感染防止対策の重要な看護業務と認識するなど、沢山の気づきを個々の患者さんの看護に活かせた1年だったのではと感じています。

2020年度は離職率が7%で退職理由の殆が夫の転勤関連でした。これらもコロナ禍に影響していると考えられました。また財団では、同居する家族・本人の健康上の理由は特別休暇措置がとられました。「患者・職員・家族を守る」理念に、スタッフは安心して就業できたのではと感謝しています。

今年もコロナとの共生となりますが、昨年度の経験・教訓から得た叡智を生かし、患者さんに必要な看護が提供できる看護師の育成と看護チームの成長に繋がるよう頑張ってまいります。

岩井整形外科内科病院
 副院長・看護部長 高嶋 則子

2021年度看護方針・目標

看護部方針
  • 患者さんが安全・安心できる看護を責任持って実践する
  • 一人ひとりがリーダーシップを発揮できるチームをつくる
  • 自信が持てる・自身が誇れる看護師・管理者を目指す
看護部目標
  • 安心と満足を感じて頂ける環境を提供する(医療安全・感染対策・災害看護)
  • 多職種と連携したチーム医療を提供する
  • 看護の質とスタッフの満足度に繋がる業務の効率化を図る
2階病棟目標
  • 個々の患者さんが安心できる看護を提供する
  • 事故防止、感染防止に努め、安全な入院生活が送れるようにする
  • 多職種と連携し、安心できるよう支援する
3階病棟目標
  • 患者の苦痛を知り、細やかな看護を提供する
  • 事故防止、感染防止に努め、安全な入院生活が送れるようにします
  •  多職種と連携し、統一した説明と患者満足に繋がる看護を提供する
外来目標
  • 個々が目標を持ち、スキルアップに努め、外来業務に生かす
  • 患者の状態に合わせた環境を整備し、安全な看護を提供する
  • 多職種と連携し、待ち時間短縮を含め患者の満足に繋がる看護をする
手術室目標
  • 安全で質の高い手術・看護を提供します
  • 多職種と連携したチーム医療を提供する
  • 個々が目標を持ち、スキルアップ・レベルアップに努める
医療チームの協同目標

患者さん・家族に分かりやすい説明を行います。
安心して治療を受けられる看護を提供します。

部署紹介

  • 岩井グループ
    施設紹介

当グループは東京都江戸川区と品川区に病院が御座います。
腰や首の治療は両病院、スポーツによるケガの治療は稲波脊椎・関節病院で行っております。