岩井グループの取り組み

岩井グループとSDGs

SDGsロゴマーク
SDGsとは

SDGsは Sustainable Development Goals の略で「持続可能な開発目標」という意味です。2015年9月の国連サミットにおいて全会一致で採択され、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に掲げられた国際目標です。2030年までに「誰ひとり取り残さない」社会の実現を目指し、17のゴールと169のターゲットから構成されています。持続可能な開発目標にはそれぞれ相互関係があります。また、貧困や飢餓、エネルギー、気候変動、平和的社会など、私たちが直面する世界的な課題が含まれています。

SDGsとグローバルコンパクト

当グループはSDGsを積極的に掲げ、健康だけでなく環境や教育などへの取り組みを積極的に行っております。また、SDGsを積極的に推進している国連組織の国連グローバルコンパクト(UNGC)に2019年4月、医療法人として日本で初めての加盟団体となりました。

Iwai Medical Foundation 加盟証 ※ 画像をクリックすると拡大されます。
SDGs推進融資

株式会社三井住友銀行と株式会社日本総合研究所が、当院のSDGsへの取り組み状況を確認し、融資適正と判断され『SDGs推進融資』を実行する運びとなりました。

SDGs推進融資 実行証 SDGs推進融資 実行証 ※ 画像をクリックすると拡大されます。

岩井グループの主な活動

Iwai-SDGsロゴマーク
医療への取り組み

当グループは医療法人として、一人でも多くの方に“幸せに資する医療”を提供できるよう、日々尽力しております。

医療活動
SDGS 03,09

低侵襲な医療の提供を追及するため、手技開発や画像データ分析等新しい取り組みを続けています。医療の質を高め、多くの方の負担を軽減し、術後のQOL向上に貢献いたします。

教育への取り組み

当グループは、地域や国による医療水準格差を是正するため、国内での他院医師の手術見学受入や臨床修練などの外国人医師の研修・見学の受入を行っております。


臨床修練医師の受け入れ (岩井整形外科内科病院)
SDGS 04,10

2018年より、厚生労働大臣指定 外国医師臨床修練指定病院として、台湾・クウェート・ドイツなどから医師が来院し、研修を行っております。

外国人臨床修練医師の詳細はこちら

医師手術見学受け入れ (岩井整形外科内科病院、稲波脊椎・関節病院)
SDGS 04,10

当グループでは、他医療機関医師の手術見学を受け入れております。近年では、国内の病院だけでなく、海外の医師も見学に来られています。

手術見学受入れの詳細はこちら

院内外勉強会 (岩井整形外科内科病院、稲波脊椎・関節病院)
SDGS 04,10

当グループでは、職員に向けた勉強会だけでなく、他の医療機関に所属している医療従事者に向けたセミナーや勉強会を、定期的に開催しております。


職場体験 (岩井整形外科内科病院、稲波脊椎・関節病院)
SDGS 04,08

地域活動の一環として、地元の学生の職場体験や見学の受入れを毎年実施しています。

環境への取り組み

当グループは、2000年10月に環境保全委員会(現在は「環境委員会」)を発足致しました。
これまでに二酸化炭素排出権を購入し、インド風力発電開発プロジェクトに活用したり、グリーンカーテンプロジェクトに取り組んでまいりました。今後も省エネルギーや省資源の推進に取り組んでまいります。


省エネルギー・省資源の推進
SDGS 07,12,13,15

2016年5月より、岩井整形外科内科病院、稲波脊椎・関節病院、いわい敬愛園の光熱費及びコピー用紙使用枚数の前年とを比較し、削減に務めています。


環境に配慮した物品の購入
SDGS 11,12,15

現在使用しているコピー用紙、ペーパータオル、トイレットペーパーは100%再生紙を使っています。


エコキャップ運動への参加
SDGS 1,12,16,17

ペットボトルのキャップを集めて世界の子どもたちにワクチンを届けよう!NPO法人エコキャップ推進協会の活動に賛同しています。

エコキャップ実績の詳細はこちら

花壇周りの整備
SDGS 11,15

2015年10月より環境保全の一環として活動しております。

花壇1
花壇2
  • 岩井グループ
    施設紹介

当グループは東京都江戸川区と品川区に病院が御座います。
腰や首の治療は両病院、スポーツによるケガの治療は稲波脊椎・関節病院で行っております。