医師・診療科・部門紹介

看護部のご紹介

看護部長あいさつ

看護部長

ホームページをご覧の皆様、桜が満開の中、2022年度(令和4年)がスタートしました。また一方では、2年間に渡るCOVID-19の対応に追われた年でもありました。

当院は関節の手術は週2~3件はありますが、その他は脊椎の低侵襲に特化しています。コロナ禍ではありますが関東以外の遠方からも来院されています。

病床は感染防止のため42床(58床中)で稼動し、1788件の手術を行いましたが、在院日数が6日と短いため対応できました。

外来は遠方含め初回受診で検査・手術決定が円滑に進むよう多部門との連携・調整をし、患者さんの満足に繋がる看護を工夫しています。

手術室は術前訪問含む情報をスタッフ・医師と共有し、1日8件前後の手術を安全で効率の良い手術展開に努めています。また認定看護師による術前外来の試みを初めました。まだ数例ですが患者さんの術前の不安軽減に繋がる看護の1つになると期待しています。

病棟はまだ家族の来棟・面会はできませんので、短時間ですが入院時外来ロビーでお会いするご家族との関わりは大切です。退院後の生活を見据え、患者さんが自分の状況を理解し、予測性や見通しが持てるよう、患者さんとご家族への看護を大切に行っています。

患者さんの満足度に関するアンケートでは看護部のみならず診療部含む全部署の職員に対し『親切で温かい対応を受けた。この病院を選んで良かった』と沢山の方からコメントを頂き、私達職員のモチベーションの1つに繋がっています。

今年度の離職率は昨年度と同様に7%でした。当院の看護師の6割が既婚者ですので、産休・育児休暇から順次各セクションに復帰しています。勤務制限のある人、支える人が共に働きやすい職場環境をこれからも大切にしたいと思います。それには看護師一人ひとりが患者さんに必要な看護を考え・実践し、そして一緒に仕事する仲間と自分を大切に考え、サポートしあえる『お互い様』の気持ち・心が持てる事だと思います。

今年度もコロナとの共生になりますが、昨年度の経験・教訓から得た叡智を生かし看護師の育成と看護チームの成長に繋がるよう頑張ってまいります。 そして患者さんから「この病院を選んで良かった!」と信頼して頂けるよう職員のみんなで楽しく・邁進していきたいと思います。

岩井整形外科内科病院
 副院長・看護部長 高嶋 則子

2022年度看護方針・目標

看護部方針
  • 質と経済性を考えた看護の実践と評価
  • 一人ひとりがリーダーシップを発揮できるチームをつくる
看護部目標
  • 安心と満足を感じて頂ける環境を提供する(医療安全・感染対策・災害看護)
  • 多職種と連携したチーム医療を提供する
  • 看護の質とスタッフの満足度に繋がる業務の効率化を図る
2階病棟目標
  • 事故防止、感染防止に努め、安全な入院生活が送れるようにする
  • 多職種と連携し、安心できるよう支援する
  • 業務の効率化を図り、看護の質とスタッフのやりがいに繋げる
3階病棟目標
  • 安全で質の高い看護を提供する
  • 多職種との情報を共有し患者中心のチーム医療を提供する
  • 自分と相手の事を考えた行動をする
外来目標
  • 患者の状態に合わせた安全・安楽な看護を提供する
  • 多職種との連携を円滑にし、待ち時間の短縮を含めた患者満足度に繋がる援助をする
  • 専門職としての自覚を持ち、知識・技術・接遇の向上に努める
手術室目標
  • 安全で質の高い手術・看護を提供する
  • 多職種と連携したチーム医療を提供する
  • 業務の効率化に繋がるスキルアップ・レベルアップに努める
医療チームの共同目標
  • 患者さん・家族に分かりやすい説明を行う
  • 安心して治療を受けられる環境を提供する

部署紹介

看護部長あいさつ

看護部長

稲波脊椎・関節病院のホームページをご覧頂いて、ありがとうございます。看護部長の永久保静子です。

当院では、手術を目的に来院される方、長年にわたり痛みや痺れを抱えて苦しんでこられて、来院される方がとても多くいらっしゃいます。
そのような方に対して、当院の看護部が目指しているのは、この病院を訪れて下さったことで、その方の生活の質・人生の質(Quality of life:QOL)が、今よりも、さらに良いものになっていただける看護を提供する事です。「稲波脊椎・関節病院に来てよかった」と思っていただき、さらには、どんなに小さな事でも、たった一つでもいいので、その方にとっての「幸せ」を持って帰って頂きたいと願って関わらせていただいております。

そして、このような看護は、看護部だけでは実現することはできません。皆様を中心に「or」ではなく、『and』でつながることを意識した多部署連携が大切です。当院では、全部署が連携して、職員全員で皆様をサポート致します。

新型コロナウイルス感染症の流行を機に、様々なことが変わってしまいました。思うように看護を提供できない時期もあり、そのことに職員は悩み、苦しんでいたこともありました。
しかし、そんなときだからこそ、私達職員は楽しく看護を行う事の大切さを忘れてはいけないと思います。自分が楽しく、幸せでいなければ、相手を幸せにはできません。
形・やり方など、色々と変化させていかなければいけないことはありますが、本来、当院看護部の目指している看護は、変わることはありません。 

稲波脊椎・関節病院
 看護部長 永久保 静子

看護部方針

根本的な考えは、看護の質を持って、選ばれる看護部にする

  • 患者が安全で安心できる看護を責任もって実践する
  • 岩井整形外科内科病院と稲波脊椎・関節病院が連携し、協働する
  • 自信が持てる、自身が誇れる看護師・管理者を目指す
2022年度 看護部目標(稲波脊椎・関節病院)
  • 患者さんのための看護とは何かを常に考え、実践する
  • 看護の質を、互いに高め合えるチームづくり~セクションを越えての連携強化
  • 専門性を意識した自己研鑽

部署紹介

  • 岩井グループ
    施設紹介

当グループは東京都江戸川区と品川区に病院が御座います。
腰や首の治療は両病院、スポーツによるケガの治療は稲波脊椎・関節病院で行っております。