採用情報

研修内容

当グループは脊椎内視鏡下手術に興味・関心のある医師を随時受け入れております。本ページでは整形外科医の研修内容についてご案内します。研修を受けられた医師からのコメントはこちら、募集要項はこちらをご覧ください。

当グループについて

脊椎内視鏡下手術のマザーホスピタルとして
当グループドクター

脊椎内視鏡下手術に熟練した医師が多く在籍している当グループは、脊椎疾患に悩む患者さんに信頼していただける病院でありながら、脊椎内視鏡下手術の習得を目指す医師の研修の場でもあります。上級医師の手術に助手として携わるだけでなく、個々の経験に則して目標を立て、実際に執刀医として手術を行います。当グループで脊椎内視鏡下手術の技術を習得した医師は様々な病院で活躍されていますが、ほとんどの医師が別の病院に移ったあとも、当グループで非常勤医師として勤務されています。非常勤医師としても当グループで脊椎内視鏡下手術を行うことが可能で、経験豊富な医師のもとで自身の手術手技のブラッシュアップが図れる点が当グループの強みです。脊椎内視鏡下手術のマザーホスピタルとして、手術手技の習得を目指す医師を受け入れるだけでなく、研修後のフォローも行っております。

スポーツ整形外科手術の手術見学受け入れ

スポーツ関節センターでは、手術見学の受け入れを行っております。センター長の内山医師は関東労災病院で約20年間にわたり、スポーツ整形外科部長を務め、3,000件以上のACL再建手術を行い、多くの有名アスリートが内山医師の手術を受けました。アキレス腱損傷に対しては「内山式縫合術」を開発し、多くの医療機関でこの術式が採用されています。

研修内容

1年間の研修で下記手術手技の習得を目指します。年間執刀医としては100-150件を予定しております。それ以外は随時第一助手として上級医師の手術に携われることになります。

  • 研修施設によって、手術手技の内容が若干異なります。
手術手技(【】内は対象疾患 )
  • MED【腰椎椎間板ヘルニア】
  • MED【外側腰椎椎間板ヘルニア FAR OUT SYNDROME】
  • MECD【頚椎椎間板ヘルニア】
  • MECL【頚部脊柱管狭窄症】
  • MEL【腰部脊柱管狭窄症】
  • ME-PLIF【腰椎椎間板変性症 腰椎分離辷り症 腰椎辷り症】
  • ME-TLIF【腰椎椎間板変性症 腰椎分離辷り症 腰椎辷り症】
  • USE【手根管症候群】
  • FESS(TF法)【腰椎椎間板ヘルニア】
  • FESS(IL法)【腰椎椎間板ヘルニア(L5/S1)】
  • FESS(EF法)【外側腰椎椎間板ヘルニア】

研修目標

内視鏡下手術未経験者

研修1年目に以下の目標を達成可能なようご指導致します。

整形外科医師の研修目標 整形外科医師の研修目標
内視鏡下手術経験者

「研修目標(内視鏡下手術未経験者)」の項目に加え、頚部脊柱管狭窄に対するMECL(laminectomy)、多椎間ME-PLIFやME-TLIFの手術手技にも習熟する。また黄色靭帯の骨化やそれに伴う硬膜との癒着が予測される症例も経験し、内視鏡下の黄色靭帯切除の技術を更に高める。場合によっては内視鏡下の硬膜縫合も経験し、あらゆるトラブルシューティングが可能なよう修練する。更に胸椎1椎間の病変に致する内視鏡手術も術者として経験する機会を設ける。

  • 岩井グループ
    施設紹介

当グループは東京都江戸川区と品川区に病院が御座います。
腰や首の治療は両病院、スポーツによるケガの治療は稲波脊椎・関節病院で行っております。

ページトップへ戻る