手術・治療のご案内

頚椎ヘルニア、頚部脊柱管狭窄症

頚椎ヘルニア、頚部脊柱管狭窄症の手術方法について御案内します。頚椎ヘルニア、頚部脊柱管狭窄症の手術方法、入院日数、保険適用の有無などを掲載しております。

頚椎ヘルニア、頚部脊柱管狭窄症とは

MRI画像

脊髄が通っている骨のトンネルである脊柱管が狭く、脊髄が圧迫を受けてしまっているのが頚部脊柱管狭窄症です。

 狭窄症になっている原因が椎間板ヘルニアの場合は、椎間板ヘルニアという病名でも間違いではありません。

 それにより脊髄の機能が悪くなっていることを脊髄症と言います。

治療方法

薬の内服、理学療法、神経ブロックなどの保存療法と手術療法がございます。保存療法での治療効果が期待できない場合は、手術療法を選択します。

自然経過

脊柱管狭窄症が高度であると脊髄機能が障害されたり、転倒などで頚椎を捻ったときに脊髄損傷となる危険性があり、手術のタイミングを逃さないことが大切です。

頚椎ヘルニア、頚部脊柱管狭窄症の手術について

頚椎ヘルニア、頚部脊柱管狭窄症の手術紹介
手術の種類 術式 麻酔 入院日数 保険適用
内視鏡下手術 MECD 全身麻酔 4~7泊 有り 18mm × 1箇所
内視鏡下手術 MECL 全身麻酔 7~10泊 有り 18mm × 1箇所

※ 上記の内容はあくまでも目安になります。予めご了承ください。

手術動画紹介(当院医師による手術動画)

症例:頚椎椎間板ヘルニア
症例:頚椎症性脊髄症
  • 岩井グループ
    施設紹介

当グループは東京都江戸川区と品川区に病院が御座います。
腰や首の治療は両病院、スポーツによるケガの治療は稲波脊椎・関節病院で行っております。

ページトップへ戻る