お知らせ

当グループで行っている研究活動について

2024年01月31日

岩井医療財団では、患者さんの診察や治療を行う臨床活動だけでなく、医学の発展のため研究活動にも積極的に取り組んでおります。当財団は大学病院などのアカデミックホスピタルではありませんが、より良い・新しい脊椎低侵襲治療の普及のため、所属するすべての外科医が臨床研究活動を行っています。
また、研究の進捗状況や成果を定期的に財団内で報告し、職員からの意見を反映するなどブラッシュアップを行っています。

現在、当財団の医師は以下のテーマで研究を進めております(下記は主要な研究テーマであり、この他にもそれぞれの医師が複数の研究を同時並行で行っております)。

これらの研究は、厚生労働省及び文部科学省が定めた「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」(平成26年度までは「疫学研究に関する倫理指針」)の規定により、対象とする患者さんのお一人ずつから直接同意を得るのではなく、掲示などにより研究内容についての情報を公開することが必要とされております。

一歩先のスタンダードへ 
岩井グループは東京都に4つの医療・福祉施設を運営しております。脊椎疾患の低侵襲治療を主体とし、内視鏡下手術 27,000件以上の実績を持つ整形外科治療に特化したグループです。
岩井グループ 紹介