手術・治療のご案内

MECD:頚椎椎間板ヘルニアの内視鏡下手術
(内視鏡下頚椎椎間板摘出術)

担当医師稲波湯澤福島井上大島

内視鏡下手術について

内視鏡下手術は、患者さんのお身体への負担が少ない脊椎の低侵襲手術を代表する治療法です。従来の切開手術では、50~70mm以上の傷口でしたが、内視鏡下手術ではわずか18~20mm弱で済み、入院期間は4~7日程度と短く早期社会復帰が可能です。

「背骨の手術を受けると車椅子になる」という風評をお聞きになったことがあるかもしれませんが、当グループの7,000例を超える患者さんの中で車椅子になった方、お亡くなりになった方は一人もおりません。また、内視鏡下手術に関し、全て映像での記録を行っております。ご希望の方には手術映像をディスクにコピーしてご提供しております。※ 内視鏡内の映像です。

MECD(内視鏡下頚椎椎間板摘出術)とは

頚椎画像

MEDに準じた内視鏡を使用し、頚椎ヘルニアや頚椎症性脊髄症を治療する新しい手術です。高度な技術を要し、特定の病院でしか受けれらない手術です。皮膚切開はわずか18mmの低侵襲手術で、従来法では術後の頚椎の変形が長期的に生じる可能性がありますが、内視鏡下手術では切開範囲が小さいため可能性が低くなります。また、1週間程度の早期退院が可能です。

対応疾患

頚椎椎間板ヘルニア / 頚椎症性神経根症 など。

手術前、手術後の画像
手術前
MECD手術前の画像
手術後
MECD手術後の画像

MECDでは一箇所の皮切で二箇所の手術が可能です。MECDでは後方からの除圧が十分な場合、ヘルニアは摘出しません。手術後の画像では矢印部分の骨に穴が開いて、神経の圧迫が解除されております。

MECDのメリット

メリット
皮膚切開はわずか18mmと傷が目立たない。
術後疼痛が軽度で1週間程度の早期退院が可能。
基本的には術後のカラーの装着が不要。
体内に異物を残さない=術後感染が少ない。
前方固定では隣接椎体障害が長期的に生じる可能性があるが、内視鏡下ではその可能性が少ない。
背骨に付いている筋肉を剥がすことが最少で、脊柱の安定性を損なうことが非常に少ないなどが主なメリットです。

MECDの動画紹介(当院医師による手術動画)

MECDの入院から退院までの流れ

手術前日
入院 術前の準備をします。
※ 飲食は夕食まで摂取可能です。
※ 飲水は夜9時迄可能です。

※ 糖尿病など合併症のある方は術前に数日間入院して頂く場合もございます。
※ レントゲンやMRIにより詳細な情報が得られない場合は、脊髄造影検査目的の入院を数日間していただく場合がございます。

手術当日
準備 注射・点滴などの事前準備を行います。その後、ストレッチャーで手術室へ移動します。
手術 手術を行います。
術後 病室へ戻ります。
※ 飲食・飲水はお腹が動くまで不可。
術後1日
飲食可能。ベッドから起き上がれます。
術後2日
散歩をすることができます。
術後4~7日
退院
術後1週~
軽作業が可能になります。

※ 上記は一般的な予定であり、個人差があります。

MECDをご希望の方について

手術までの流れをご一読して頂き、整形外科外来にて常勤医師の診察をお受けください。

ページトップへ戻る
公式SNS
Face book You Tube
Twitter Face book