外来受診のご案内

中山良之様の声

住所
マレーシア
年齢
67歳
性別
男性
病名
腰部脊柱管狭窄症
術式
MED(内視鏡下椎間板摘出術)

Q01

いつごろから症状が出てきましたか。


回 答

2013年1月初旬頃から左足太もも裏の痛み、及び足のつま先まで痺れて歩行困難となる。その後、2014年6月頃左足太もも裏の痛みがなくなり、痛みが右足太もも裏に移る。それ以降同時に腰の痛みも増してきて100メーター歩いては途中休憩する状態になる。

Q02

お住まいの近くの医療機関で治療を受けられましたか。その治療内容はどのようなものでしたか。


回 答

マレーシアの整形外科でMRIを撮り、腰椎椎間板ヘルニアと診断された。痛み止めの薬と注射をしてもらった。同時にストレッチエクササイズのイラストを貰い自宅で励むよう指示された。これでは到底回復しないと思い、カイロプラクテック、整体・鍼・灸、漢方薬等を試みたが無駄だった。

Q03

当院を何でお知りになりましたか。


回 答

インターネットで日本の専門医を検索していた時、たまたま貴病院が情報開示が徹底していてこれなら安心して診察・治療・手術等任せられると判断した。

Q04

初診時の外来医師の対応はいかがでしたか。


回 答

湯澤副院長に診て貰うことになっていたので事前に経歴等チェック済みでした。予想通りこちらの 質問に対して丁寧で分かりやすい説明をしてもらい納得行きました。患者さんで病院がごった返していてこれでは自分の番が何時来るのかちょっと心配でした。

Q05

手術が決まってから入院するまでのお気持ちはどのような感じでしたか。


回 答

思うように歩けないので一日も早く手術を行って欲しい気持でしたが、果たして大丈夫だろうか?最悪、術後車椅子生活になるかもしれないということも思っていました。

Q06

当院に入院し、手術前のお気持ちはどのような感じでしたか。


回 答

丸1日前の入院は果たして必要なのかと思いましたが、術前のいろいろな検査を行い却って安心しました。車椅子になることはこの病院の過去の手術回数の結果からないだろうとは思っていましたが 、自分がその1号になるのではという不安はありました。

Q07

手術直後の体調や気分などはいかがでしたか。


回 答

術後の翌日から歩けるようになりました。以前のような痛みが消えたが、腰に違和感がありました。術前は仰向けに寝ていても腰は痛くなかったが、術後はそれが痛くなったので不安になった。しかし、その痛みも2~3日で消えました。

Q08

手術後の入院生活はいかがでしたか。


回 答

毎日が退屈でした。小説やテレビで暇を潰しましたが1日も早く退院したいというのが本音でした。毎日湯澤医師が巡回に来てもらい声を掛けてもらったのが心強かったです。

Q09

退院されてからの生活はどのように変わりましたか。


回 答

歩いても痛みがなくなったので自分で行きたいところに自由に行けるようになった。

Q10

その他、感想はありますか。


回 答

情報開示に積極的で海外で生活している日本人にとっては病院選定に大変参考になると同時に安心して任せられるという気持なれたことは大変良かったと思います。又、予約も特別にインターネットでもやってもらうことが出来たし(※)、こちらの質問にも丁寧に返答してもらいましたのでより一層信頼の於ける病院だと確信しました。
気がかりなことは、評判良い病院のせいでしょうか患者さんがいつも一杯で待合室の椅子も足りない程になるので、もしかしたらどこかで手抜きが発生してしまわないかということです。まあ、看護師さん達もしっかりと受け答えされていましたので問題ないと思いますが、人間ですから何か起きる可能性もあると思います。今後も手抜かりなきようお願いします。
二人部屋でしたが、部屋が狭くて息苦しく感じました。4人部屋の203号室の方が却って広いのではと思われました。まあ日本ですからこれが当たり前なのでしょうか?
それと、テレビの置き場所がベッドの真横にありますのでテレビが非常に観ずらいです。首を左に(あるいは右に)曲げたきりで観なければならず、テレビの置き場所をもっと後に動かせるようにして下さい。
新しい入院患者が入って来られ、看護師さんが説明されている際、患者さんがいろいろ質問するせいでしょうか、お互いの会話が途切れず、声も大きくそれも30分程も続いていましたので、後で注意を喚起しておきました。後程その看護師さんが来られて弁明されました。まあ人間ですからありうることですよね。分かって頂いてよかったです。

当院からの回答

時差の関係などで受付時間内にお電話をかけていただくのが難しい海外在住の方について、メールでのご予約を特別に承っております。基本的にはお電話でのご予約をお願いしております。

※写真及び文章につきましては、中山様のご承諾を頂き掲載しております。

腰部脊柱管狭窄症で手術を受けられた方の声

外来受診のご案内

ページトップへ戻る
公式SNS
Face book You Tube
Twitter Face book