手術・治療のご案内

PLDD:レーザー治療(経皮的レーザー椎間板減圧術)とは

PLDD手術イメージ

PLDDとは、Percutaneous Laser Disc Decompressionの略で、椎間板の中の髄核に刺したレーザーファイバーからレーザーを照射して髄核を蒸発させ椎間板ヘルニアを治療する方法です。椎間板を元に戻すわけではありませんので、仙骨ブロックなど従来の手術以外の治療法を試みて、効果が不十分な方にのみ行います。

 従来、腰椎椎間板ヘルニアの手術では、最低でも2~3週間の入院とリハビリテーションを、また頚椎椎板ヘルニアの手術では4~6週間の入院とその後のリハビリテーションを必要としていました。

 現在、当院では薬や理学療法そしてブロック療法などと、手術の中間に位置する中間療法として、レーザーによる経皮的髄核減圧術を行っています。手術に比べると適応は狭いのですが、十数分のレーザー照射で治療成績は非常に良好です。原則は2日間の入院が必要ですが、状態によっては日帰りでの手術も可能です。当院の稲波院長も以前、頚椎のPLDD治療を受けております。現在は非常に良好な状態です。

PLDD(経皮的レーザー椎間板減圧術)の手術件数

PLDD(経皮的レーザー椎間板減圧術)の図解
レーザー照射前
PLDDレーザー照射前のイメージ
レーザーを照射し髄核の一部を蒸発させ空洞をつくります。
レーザー照射後
PLDDレーザー照射後のイメージ
空洞ができたことで神経根を圧迫していた髄核圧が下がります。またレーザーには消炎鎮痛効果があると考えられております。
PLDDの術前・術後
施術前
PLDDの施術前
施術後
PLDDの施術後
2回目のPLDD

1回のPLDDで症状が改善されない場合、一ヶ月くらい経過をみて、もう一度実施すると良くなる場合があります。※ 2回目の料金も1回目と同じ料金となります。

PLDDの悪化例

当院では現在まで900症例(※)の頚椎・腰椎の椎間板ヘルニアをPLDDで治療しています。
その中でPLDDによって悪化したと思われる例が4例ありました。1例はある医科大学附属病院で手術をうけました。執刀した先生によりますと神経根の浮腫が通常のヘルニアより強かったということでしたが、後に残るような後遺症はありませんでした。3例は当院で手術しました。そのうち2例は、後遺症も無く良くなっておられます。もう1例は当院でのPLDDでは改善できず、当院でMED(内視鏡ヘルニア手術)を受けられ現在はよくなっておられます。
(※)平成22年12月時点

PLDDのメリット

メリット
傷痕が目立ちません。(針の穴程度)
1拍2日の短期入院。術後の回復も早く、日常生活や仕事への復帰が早期に行える。
内視鏡下手術よりも複雑さが少ない。
デメリット
健康保険非適応。

PLDDの費用

腰椎画像
腰 椎

¥378,000(税込) ※ 2つの部分に病変がある場合は、¥108,000(税込)が加算されます。


頚椎画像
頚 椎

¥486,000(税込) ※ 2つの部分に病変がある場合は、¥129,600(税込)が加算されます。

※ 本治療方法は健康保険が適用されません。尚、上記費用の中には手術費、入院費、手術用検査費(採血と心電図のみ)、投薬費が含まれます。

従来の手術方法との比較

腰椎椎間板ヘルニアの手術紹介

内視鏡下手術 enSpire法 レーザー治療

手術の種類 術式 麻酔 入院日数 保険適用 有効率
内視鏡下手術 MED 全身麻酔 4~7泊 有り >90% 18~20mm弱
内視鏡下手術 PELD 全身麻酔 2~3泊 有り ≒90% 7mm
enSpire法 enSpire 局所 半日~1泊 無し
60万円
70~80% 針穴
レーザー治療 PLDD 局所 半日~1泊 無し
35万円
60~70% 針穴
切開手術 従来法 全身麻酔 3週間程度 有り >90% 50mm~

※ 上記の内容はあくまでも目安になります。予めご了承ください。

PLDDの入院から退院までの流れ

手術当日
準備 注射・点滴などの事前準備を行います。その後、ストレッチャーで手術室へ移動します。
手術 手術を行います。
術後 病室へ戻ります。
術後3時間はベッド上安静が必要です。その後は普通に退院可能です。
術後1週
普通の日常生活が可能です。ただし、症状が悪化することもありますので、外せない予定などは入れないでください。

※ 上記は一般的な予定であり、個人差があります。

PLDDに関するQ&A

Q01

入院期間はどれくらいですか?


回 答

当日ないし日帰りないし一泊二日でございます。

Q02

PLDDは保険適用ですか?


回 答

いいえ。PLDDは保険適用外(自費診療)でございます。

Q03

入院・手術費はどれくらいですか?


回 答

PLDDの場合は腰椎と頚椎とで金額が変わります。
①.腰椎の場合
¥378,000(1椎間増すごとに¥108,000 加算)
②.頚椎の場合
¥486,000(1椎間増すごとに¥129,600 加算)
 ※消費税込みの金額でございます。

Q04

診察を受けてから、どれくらいで手術を受けられますか?


回 答

当院へ受診され、診断・治療方針が決定された患者さんは、「通常1ヶ月以内」に手術が受けられます。当院では慎重に行っておりますので原則一泊入院ですが、お急ぎの方は3時間程度病室で御休み頂いてお帰りになることも可能です。

Q05

他の施設と比較して、成績が劣るように思いますが、どうしてですか?


回 答

腰椎椎間板ヘルニアは自然に治っていくことの多い疾患です(「椎間板ヘルニアを放っておくとどうなりますか?」をご参照ください)。そこで、当院では他の治療法(各種のブロック治療など)を行っても良くならない患者さんにPLDDを行います。自然に治っていく患者さんにPLDDを行えばその治療成績が良いのは当然です。

Q06

他の施設と比較して、費用が安いのは何故ですか?


回 答

健康保険が効かないと言うことは、患者さんにとって大きな負担になります。しかしこの治療法は患者さんにとって肉体的な侵襲が少なく、非常に良い治療方法だと考えております。そこで少しでも多くの患者さんに使いたいということから価格を低く設定しております。

Q07

どのようなヘルニアのタイプにPLDDは効くのでしょうか?


回 答

当初は椎間板に穴の開いているタイプ(Trans-Ligamontous TypeやSequestrated Type手術を受けている例など)には効かないと考えられてきました。しかし、現在ではどのタイプでも同じように効果があることが解っています。これは2006年11月に行われたPLDD手術を数百例行っている医師の会で確認されたことです。

Q08

手術後日常生活に戻れるのはいつくらいからですか?


回 答

通常翌日から可能です。しかし、1%程度の頻度で1週間程度症状が悪化した場合がございました。そこでPLDD実施後1週間は結婚式などどうしてもはずせない用件は入れないでください。稲波院長自身2回頚椎のPLDDを受けていますが翌日から通常勤務しております。

PLDDを受けられた患者さんの声

PLDDを希望の方について

手術までの流れをご一読して頂き、整形外科外来にて稲波院長の診察をお受けください。

ページトップへ戻る
公式SNS
Face book You Tube
Twitter Face book