手術・治療のご案内

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症の手術方法について御案内します。腰部脊柱管狭窄症の説明、手術方法の紹介、各手術の入院日数・保険適用の有無・創を比較した内容を掲載しております。そもそも「腰部脊柱管狭窄症って何?」という方は、こちらのページもご覧ください。

腰部脊柱管狭窄症とは

※ 画像をクリックすると拡大されます。 腰部脊柱管狭窄症のMRI画像 腰部脊柱管狭窄症のMRI画像

腰部脊柱管狭窄症とは、加齢など様々な原因で骨・関節・椎間板・靭帯などが肥厚し、神経が通る管(脊柱管)が狭くなることで神経の血行を阻害し、症状が出る病気です。腰椎椎間板ヘルニアと同様に坐骨神経痛を起こす病気の一つでもあります。

 のMRI画像からは①椎間板膨隆による脊柱管の圧迫、②黄色靭帯による脊髄の圧迫、③黄色靭帯の肥厚により脊柱管が狭くなっていることが確認できます。

腰部脊柱管狭窄症の手術について

腰部脊柱管狭窄症の手術方法

腰部脊柱管狭窄症に対する手術にはいくつか方法があります。1つは椎弓の一部と肥厚した黄色靭帯などを切除して脊柱管を広げる方法もう1つはそれに加えて上下の骨を癒合させる方法です。ただし、すべり症のように腰椎が前後左右にずれていた場合は、固定術が必要となります。このページでは椎弓と肥厚した黄色靭帯を切除する手術固定術をご紹介します。

腰部脊柱管狭窄症の手術紹介

内視鏡下手術 内視鏡下手術(固定術)

手術の種類 術式 麻酔 入院日数 保険適用
内視鏡下手術 MEL 全身麻酔 4~7泊 有り 18mm × 1箇所
内視鏡下手術
(固定術)
ME-PLIF/TLIF 全身麻酔 10~14泊 有り 18mm × 1箇所
12mm × 4箇所
内視鏡下手術
(固定術)
XLIF 全身麻酔 10~14泊 有り 30mm × 1箇所
12mm × 4箇所
切開手術 従来法 全身麻酔 3週間程度 有り 120mm~150mm
          × 1箇所

※ 上記の内容はあくまでも目安になります。予めご了承ください。

MEL(内視鏡下腰椎椎弓切除術)

MELとは
MEL手術イメージ

MELは内視鏡を使用した手術です。全身麻酔後に、背部に18mm程の皮膚切開し、内視鏡の管を通します。内視鏡の映像はモニタに映しだされ、医師はモニタを確認しながら、椎弓を切除し、肥厚した黄色靭帯を切除することにより神経の圧迫を取り除きます。MEDと比べると、やや出血量が多く、手術時間は30分ほどです。

 脊柱管狭窄症は高齢の方に多い疾患ですが、低侵襲手術ですから、深刻な持病がない限り、80~90代の方でも安心して受けられます。当院の最高年齢は95歳です。

MELの特徴
メリット
傷痕が目立ちません。
従来法のように背部の筋肉を大きく切る必要がない。
術後の痛みが軽く、回復も早く、手術部分の細菌感染の危険性が少ない。
退院が早く(4~7泊)、日常生活や仕事への復帰も早い。
デメリット
MEDと異なる点は、椎弓を切除しますので、MEDに比べると出血量はやや多く、手術時間もやや長くなります。不安定性が強く、除圧のみでなく固定が必要な場合も適しません。

MEL(内視鏡下腰椎椎弓切除術)について詳しく知る

ME-PLIF/TLIF(内視鏡下腰椎椎体間固定術)

ME-PLIF/TLIFとは
ME-PLIF/TLIF手術イメージ
ME-PLIFは内視鏡とX線透視装置を使用した固定術と言われる手術です。全身麻酔後に、背部に18mm程の皮膚切開し、内視鏡の管を通します。変性した椎間板を取り除き、そこに腰骨から採取した骨を詰めたケージと言われる人工物を収め、脊椎を整形します。その後、上下に2箇所ずつ切開し、4本のスクリューと2本のロッドを挿入し、椎骨を固定します。主に腰椎すべり症など不安定性を伴う場合には、この手術が適応されます。
ME-PLIF/TLIFの特徴
メリット
傷痕が目立ちません。
術後の痛みが軽く、回復も早く、感染の危険性が少なく、呼吸器系の合併症も少ない。
背骨に付いている筋肉を剥がすことが最少。脊柱の安定性を損なうことが非常に少ない。
退院が早く(10~14泊)、日常生活や仕事への復帰が早期に行える。

ME-PLIF/TLIF(内視鏡下腰椎椎体間固定術)について詳しく知る

XLIF(内視鏡下腰椎側方椎体間固定術) 現在XLIFは実施できません

XLIFとは
XLIF手術イメージ
XLIFは内視鏡とX線透視装置を使用した固定術と言われる手術です。ME-PLIFと異なる点は、ME-PLIFは背中側から内視鏡を挿入しますが、XLIFは身体の側方向から挿入します。これにより、「背中側の筋を痛めない」「大きなケージが設置可能」などのメリットがある手術です。
XLIFの特徴
メリット
背中側の筋を痛めない。
身体の側方から内視鏡を挿入するので、背中側の筋や神経に触れず、手術の傷による術後の痛みが軽減できます。
大きなケージが設置可能。
椎間板に対して、ME-PLIF/TLIFよりも大きなケージを設置することができるので、術後の安定性が増したり、骨が再びくっつくのが早まります。
デメリット
狭窄が高度な症例では使用が難しい。
神経の負担を直接取り除くことができないので、狭窄が高度の場合はXLIF単独で実施するのが難しくなります。
大腿神経群を損傷するおそれ。
股関節や膝関節などの下肢を動かす神経を損傷するおそれがありますが、電気刺激を利用した専用のモニターを使用し、神経を確認しながら手術ができるようにして、神経障害の発生を減らす工夫をしています。
手術困難な場所がある。
一番下の椎間板(L5/S)には解剖学的にアプローチができません。※ 下から二番目の椎間板(L4/5)でも、解剖学的特徴によっては手術困難な場合があります。

XLIF(内視鏡下腰椎側方椎体間固定術)について詳しく知る

ページトップへ戻る
公式SNS
Face book You Tube
Twitter Face book