手術・治療のご案内

人工膝関節置換術とは

変形性関節症と関節リウマチの画像

変形性膝関節症、関節リウマチ、外傷による後遺症などで、筋肉訓練や注射などの保存的な治療ができない状態までダメージを受けてしまった膝関節は、症状が回復する可能性が低く、日常生活が制限されるほどの非常に強い痛みを伴います。
人工膝関節はこの痛みを取り除き、膝関節の代わりして機能するインプラントです。症状の進んだ膝関節を人工膝関節に置き換える手術を人工膝関節置換術といいます。

最小侵襲での人工膝関節置換術

当院の人工膝関節置換術で最小侵襲の手術です。

従来の人工関節手術は、執刀医がなるべく良い視野を確保するために大きく切開していましたが、15~20cmと切開範囲が広く、関節を支える筋肉にダメージを与えてしまい、機能回復が遅れてしまうという難点がありました。当院では従来の手術に比べ、8~12cm程度の皮膚切開と小さな切開で筋肉へのダメージが少ない手術を行っております。

最小侵襲で手術することにより、手術後の痛みや筋力の低下を軽減することにつながります。リハビリの早期開始、早期退院、そして早期社会復帰へとつながる手術方法です。

最小侵襲での人工膝関節置換術
人工膝関節

人工膝関節は右図のように、主に大腿骨部、膝蓋骨部、脛骨部の部品で構成されています。大腿骨部と脛骨部は金属製でできています。脛骨部と膝蓋骨部に耐久性にすぐれたプラスチックでできており、軟骨の役割をして、スムーズな関節の動きとなります。

※ 人工関節には様々な素材のものがあります。
人工膝関節置換術の特徴

手術は全身麻酔で行います。約8~12cm皮膚を切開し、疾患のある膝関節の骨の損傷している面を取り除きます。膝関節として機能するか確認しながら人工関節インプラントを固定します。

人工膝関節手術の流れ図

手術は全身麻酔で行います。約8~12cm皮膚を切開し、疾患のある膝関節の骨の損傷している面を取り除きます。膝関節として機能するか確認しながら人工関節インプラントを固定します。

変形性膝関節症の人工関節置換手術 正面X線写真
手術前
変形性膝関節症の人工関節置換手術前の正面X線写
手術後
変形性膝関節症の人工関節置換手術後の正面X線写真
変形性膝関節症の人工関節置換手術 側面X線写真
手術前
変形性膝関節症の人工関節置換手術前の側面X線写真
手術後
変形性膝関節症の人工関節置換手術後の側面X線写真

手術後、徐々にリハビリテーションを開始します。人工膝関節周囲の筋肉の強化や可動域の回復を行います。

最小侵襲の人工膝関節置換術のメリット・デメリット

メリット1
手術後の傷跡が小さい
従来の手術の約15~20cmの皮膚切開に比べ、1/2程度の約8~12cm切開で、傷跡も目立ちにくくなります。
メリット2
早期離床・早期歩行訓練が可能
術後数日から立位、歩行訓練を開始することが出来ます。高齢者の場合、術後ベッドの上に長期間寝ていることにより著しい筋力低下や肺炎、床ずれを併発したり、痴呆(認知症)を起こす場合がありますが、早期に歩行訓練を行なうことでそのような合併症の予防にもなります。
メリット3
入院期間が短い
従来の1~2ヵ月の入院期間が2週間程度に短縮されますので、早い社会復帰が可能です。入院費などのご家族の負担も軽減させることが出来ます。
デメリット1
人工関節の耐久性

患者さんの体重や活動具合、骨の強さなど個人差がありますが、人工関節の耐久性は10年~15年程度と言われており、再手術が必要になります。長い人の場合20年も30年ももつ方もいます。人工関節に過度の負荷や衝撃がかかることにより短くなるケースもあります。

適切な体重を維持し、ジョギングやスキーなど激しいスポーツを避け、関節に負担となる重いものを持ち上げたり、無理な関節の曲げ伸ばさないよう注意することで長持ちします。

人工膝関節置換術の入院から退院までの流れ

手術前日
入院 術前の準備をします。
※ 飲食は夕食まで摂取可能です。
※ 飲水は夜9時迄可能です。

※ 糖尿病など合併症のある方は術前に数日間入院して頂く場合もございます。

手術当日
準備 注射・点滴などの事前準備を行います。その後、ストレッチャーで手術室へ移動します。
手術 手術を行います。
術後 病室へ戻ります。
※ 飲食・飲水は不可。
術後1日
飲食可能。ベッドから起き上がれます。
術後2日
歩行器や松葉杖などを使ったリハビリテーションを開始します。
術後2~3週
退院
術後4週~
軽作業が可能になります。

※ 上記は一般的な予定であり、個人差があります。

人工膝関節単顆(たんか)置換術 (UKA)について

当院では、人工膝関節全置換術(TKA)よりもさらに低侵襲で、高い関節機能の獲得が可能な、人工膝関節単顆(たんか)置換術(UKA)を積極的に行っております。UKAは、軟骨が損傷している部分のみをインプラントで置換し、損傷していない軟骨やじん帯を温存することができます。TKAに比べ、手術のできる人は膝の状態によって限られますが、腰椎麻酔のみで手術ができ、6~8cmの皮膚切開で筋肉へのダメージはほとんどありません。手術後の膝関節の機能回復がTKAに比べ良好で、患者さんの満足度も高くなっています。また、近年優れたインプラントが開発されたので、広範囲の軟骨損傷に対しても低侵襲の人工膝関節二顆(にか)置換術(BKA)も行えるようになり、患者さんの状態に応じて最適な手術法を選択できます。

人工膝関節単顆置換術の
インプラント
人工膝関節単顆置換術のインプラント
人工膝関節二顆置換術の
インプラント
人工膝関節二顆置換術のインプラント

人工膝関節置換手術を希望の方について

手術までの流れをご一読して頂き、整形外科外来にて乾医師の診察をお受けください。

ページトップへ戻る
公式SNS
Face book You Tube
Twitter Face book