医師・診療科・部門紹介

概要

チーム医療を推進している当院では、薬剤師もチームの一員として、積極的に患者さんの治療に関わっています。当院の薬剤部では、患者さんが安全かつ適切に薬を使用していただけるよう、薬剤の管理徹底や職場環境の整備、職員の知識の向上に努めております。
「人に優しく」を部門目標に掲げ、患者さんはもちろん、職員・同僚に対しても優しく接することを常に心がけています。

薬剤部の業務について

当院では、原則として院外処方を採用しておりますので、入院患者さんに向けた調剤や、服薬指導が主になります。

患者情報の収集

処方された薬剤について、患者さんまたはそのご家族から服薬状況等の情報を収集して薬剤部カルテに記録し、これに基づいて薬剤の服用に関して必要な指導を行います。
以下の項目について、処方せん発行後、薬を取りそろえる前に患者さんに確認するよう努めています。

  • 患者さんの体質・アレルギー歴・副作用歴
  • 現在の服薬状況
  • 併用薬(一般用医薬品、医薬部外品、いわゆる健康食品含む)の情報
  • 合併症を含む既往歴
  • 副作用が疑われる症状の有無
処方監査・疑義照会

処方ミスによる薬の過剰摂取や誤飲などの医療事故を防ぐため、薬剤師は処方せんの中に疑わしい点がないか確認します。疑問があればその処方せんを交付した医師に問い合わせて、薬の種類や用法・用量が適切かどうか確かめた上で調剤を行います。

調剤

処方監査・疑義照会の後、処方せんに基いて、錠剤・散剤・外用薬をお渡しします。薬剤は一包化やヒートシールなど、患者さんそれぞれに合った方法で包装します。

調剤監査
調剤監査

調剤が終わった後、調剤をした薬剤師とは別の薬剤師が、処方せんの内容と調剤された薬が一致しているかを確認します。

服薬指導・薬剤管理
服薬指導

入院時に患者さんが持参した薬の飲み方を一緒に確認します。服薬状況や副作用の有無を確認し、どのように服薬するのが適切か改めて説明させていただきます。おひとりでの服薬が難しいと判断した場合は、薬剤師が薬をお預かりして服薬管理を行います。

退院時も同様に処方された薬の服薬指導を行います。入院時と比べて、正しい服薬が維持できないことがありますので、患者さんがご自宅に帰ってからも安心して薬をお使いいただけるよう丁寧にご説明いたします。

他部門との関わりについて

医師や看護師、管理栄養士などの医療スタッフとコミュニケーションを取って、各患者さんの薬について相談し合ったり、情報共有を行います。また、医療安全や院内感染防止に関する委員会などに出席し、チームの一員として積極的に院内の課題に取り組んでおります。

お薬についてのお願い

  • 当院を受診される際は、お薬手帳をご持参いただくか、現在服用中のお薬を医師にお伝えください。
  • 薬を他の方にあげたり、もらったりしないでください。
  • 薬の保管は高温多湿を避けるようにしてください。
ページトップへ戻る
公式SNS
Face book You Tube
Twitter Face book