インフォメーション

患者さんの権利と責務

当財団は、「患者さん中心の医療」の理念のもとに、患者さんの医療を受ける権利を尊重し、患者さんと信頼関係を築き、より安全で良質な医療を提供するために患者さんの権利と責務を定めます。

患者さんの権利

  • だれでも、国籍・性別・宗教・社会的地位・病気の種類などにかかわらず、安全で良質な医療を公平に受けることができます。
  • だれもが、医療提供者との相互の協力関係のもと、どのような時でも人格を尊重され、尊厳をもって医療を受けることができます。
  • 病気、検査、治療、見通しなどについて、理解しやすい言葉や方法で、説明、情報の提供を受けることができます。
  • 説明と情報提供を受けたうえで、治療方法などを自らの意思で決めることができます。
  • 自分の病気に関して、他施設で診察を受け、意見を聞くことができます。(セカンドオピニオン)
  • 自分の診療記録の開示を求めることができます。
  • 診療の過程で得られた個人情報の秘密が守られ、病院内での私的な生活を可能な限り他人にさらされず、乱されないことができます。
  • 研究途上にある医療に関し、目的や危険性などについて十分な情報提供を受けたうえで、その医療を受けるかどうかを決めること、何らの不利益を受けることなくいつでもその医療を拒否することができます。
  • 相談や苦情がある場合には病院職員に申し立てをすることができます。

患者さんの責務

  • 安全で良質な医療を受けるために、説明を受けてもよく理解できなかったことについて、病院職員に質問して下さい。
  • 安全で良質な医療を実現するためには、医師をはじめとする病院職員に対し、患者さん自身の健康に関する情報をできるだけ正確に提供し、医師及び病院職員と力を合わせて、医療に参加・協力をしなくてはなりません。
  • すべての患者さんが安全で良質な医療を受けられるようにするため、患者さんは、病院の案内・指示・規則を守り、他の患者さんの治療や病院職員による医療提供に支障を与えないよう配慮しなければなりません。
  • 患者さんは、医師をはじめとする病院職員に対し「法令」および「良心」に反する行為については要求することはできません。
ページトップへ戻る
公式SNS
Face book You Tube
Twitter Face book