外来受診のご案内

伊藤雄二先生の声

住所
群馬県
年齢
55歳
性別
男性
職業
病院院長(産婦人科医)
病名
腰椎椎間板ヘルニア
術式
MED(内視鏡下腰椎椎間板摘出術)
Q01

いつごろから症状が出てきましたか。


回 答

2015年3月中旬に腰の右あたりに痛みが出て、徐々に悪化していきました。その後右太ももにしびれが出て、痛みが出た翌日から歩行困難になりました。

Q02

他の医療機関で治療を受けられましたか。その治療内容はどのようなものでしたか。


回 答

地元の病院で神経根ブロックを行い、鎮静剤を使用し腰痛は軽減しましたが、太ももにしびれだけでなく痛みも出てきてしまったので、岩井整形外科内科病院を紹介してもらい受診するに至りました。

Q03

当院を何でお知りになりましたか。


回 答

知人(後輩)の整形外科医に紹介してもらいました。

Q04

初診時の外来医師の対応はいかがでしたか。


回 答

現在の状態、今後の見通しなどをきちんと説明してもらいました。

Q05

手術が決まってから入院するまでのお気持ちはどのような感じでしたか。


回 答

合併症(持病)があったので、それが少し不安でしたが、早期復帰を希望していたので手術については特に不安はありませんでした。

Q06

当院に入院し、手術前のお気持ちはどのような感じでしたか。


回 答

まったく不安がなかったといえば嘘になりますが、手術、術後の説明もきちんとしていただき安心して手術に臨めました。

Q07

手術直後の体調や気分などはいかがでしたか。


回 答

麻酔から覚めて、病室に戻ったときは、もう終わったのかというのと麻酔からの覚醒が予想以上に楽だったので、びっくりしました。手術部位の痛みはあまりなかったのですが、当日夜はさすがに首の痛みや手術部位とは関係ない腰の痛みで少しつらかったです。それでも起き上がれないまでも寝返りをうてただけでも楽だったと思います。

Q08

手術後の入院生活はいかがでしたか。


回 答

初回歩行から最初はおそるおそる動いていましたが、徐々に慣れて入院生活自体は快適でした。

Q09

退院されてからの生活はどのように変わりましたか。


回 答

退院翌日には軽い仕事から始めましたが、3日目には1-2時間立っていてもまったく問題なく、早期にフルに仕事に復帰できました。手術前は長時間立っていたり、歩行すると痛みが出て、仕事や活動範囲が制限され、気分的にも少し落ち込んでいましたが、予想以上に早くいろいろなことに復帰できそうで、また前向きに仕事ができそうです。
また、食生活にも気を付けるようになり、忙しくても最低でも30分程度ストレッチを含む、筋力トレーニングを欠かさないようにしています。

Q10

その他、感想はありますか。


回 答

職業柄、椎間板ヘルニアの術後は復帰に時間がかかるというイメージをもっていましたが、予想以上に術後回復が早く、また術後も楽でした。手術をしていただいた先生はじめ、手術、病棟などスタッフの皆様に感謝しています。

※写真及び文章につきましては、伊藤先生のご承諾を頂き掲載しております。

腰椎椎間板ヘルニアで手術を受けられた方の声

外来受診のご案内

ページトップへ戻る
公式SNS
Face book You Tube
Twitter Face book