医師・診療科・部門紹介

概要

リハビリテーション科では、入院患者さんの脊椎術前術後リハビリと外来患者さんのロコモトレーニングを2つの柱と位置付けて運用を致しております。
また保存療法として、腰椎椎間板ヘルニア腰部脊柱管狭窄症のリハビリにも力を入れています。

脊椎術前術後リハビリ
リハビリテーション 当院整形外科は、脊椎の治療を専門的に行っております。特に脊椎の手術に関しましては、年間1,400件以上の実績があり、リハビリテーション科では脊椎術前術後リハビリに重点を置いております。
一口に手術と申しましても、MEDMELPLDD脊椎固定術等、様々な方法がありますが、そのほとんどは内視鏡下で実施されるもので、早期の退院、社会、家庭復帰が可能です。入院担当の理学療法士が患者さん一人一人の状態を的確に評価、分析し適切なトレーニングとコンディショニングを実施致します。
また整形外科部では変性疾患(特に膝関節)に対しての人工関節置換術、交通外傷、スポーツ外傷に対しての靭帯形成等の関節の手術も積極的に行っておりますので、それらの術後リハビリを実施致します。
ロコモトレーニング
リハビリテーション ロコモって何?
主に加齢による運動器の障害のために、移動能力の低下を来たし、すでに要介護なっていたり、要介護になるリスクの高い状態になることをロコモティブシンドロームと定義しています。
ロコモはロコモティブシンドロームの略で日本整形外科学会が、平成19年に提唱致しましたが、当時あまり一般的にはなりませんでした。しかしながら、高齢化が進んんでいく現代、変形性関節症と骨粗鬆症に限っても日本全国で推定約5,000万人いると言われており、まさに国民病と言って良いでしょう。そのロコモに対して行うリハビリテーションをロコモトレーニング(略してロコトレ)と呼びます。
ロコモの原因は、大きく①.変形性膝関節症、変形性脊椎症、骨粗鬆症、脊柱管狭窄症等の運動器自体の病気。②.筋力低下、持久力低下、巧緻性の低下、バランス力の低下等、加齢による運動機能の低下に分けられます。これらの症状、状態を放置していると、容易に転倒したり、歩行がおぼつかなくなったりします。
リハビリテーション科では、ロコモチェックを始めとするいくつもの評価、分析を行い個々の患者さんにトレーニングを行います。

トレーニングへのこだわり

美しい姿勢へのこだわり』をコンセプトに

脊椎の手術後であろうと、関節の手術後、外傷の手術後であろうと、変形性の疾患、リウマチ、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアであろうと、とにかく美しい姿勢にこだわって訓練を提供したい。我々理学療法士はそう思っております。興味のある方は下のボタンをクリックしてみてください。なんとなく共感できる方もいらっしゃるのではないかと・・・。

リハビリテーション科のこだわりを見る

当院は脊椎内視鏡下の手術において、日本で1位2位を争う病院となりました。リハビリ科はどちらかと言うと縁の下の力持ち的な位置づけで、入院では脊椎手術の術前・術後のケアを中心に、外来では変性疾患と外傷後の後療法を主に運用を行ってまいりました。それなりの成果をあげ、患者さんの評判もまあまあ良い評価を頂いております。しかし、何かが足らないのではないか??そう思うことが多くなってきました。
スタッフで話し合いをして、得た答えは、これでした。

『治療方法へのこだわり』

確かに、一日一日のたくさんの業務に流されて、これまではおざなりになってしまっていたかもしれません、皆で話し合って見つけた我々のコンセプトはこれです。

『美しい姿勢へのこだわり』

昔々、みなさんが子供だった頃を思い出してみて下さい。学校の先生や両親に祖父母に『背すじをしっかりのばしなさい!』『机に肘をつかない!』『勉強する時はきちんと座りなさい!』などと注意をされた記憶があるかと思います。姿勢を正すと集中力が高まり勉強の成績も上がる。運動していても怪我をしにくくなる。という報告もあります。何気ない言葉の中に、姿勢を正すことの大切さを教えてくれていたのではないでしょうか。
しかし、大人になるとどんな姿勢でいても注意を受ける事はほとんどなく、知らず知らずのうちに、悪い癖が身についています。『気をつけ!!』の号令はまさに気を付けることです。ちょっとした姿勢、動作に気を付ける事です。

さて、痛みがあるから姿勢が悪くなるのか?姿勢が悪いから痛みがでるのか?と言う疑問があります。
この結論は、なかなか出そうにありません。痛みに対しては運動学的なマニュプレーションや痛みを意識したストレッチング、物理療法、医師の行うブロック療法、内服等。そして悪くなった姿勢に対しては、美しい姿勢に、とことんこだわって治療する。名付けて姿勢こだわりのトレーニング。美 Posture Training(Beautiful Posture Training)これを実践致します。
このトレーニングの内容はかなり地味で大変根気が必要となりますが、考え方は脊椎手術後だけでは無く、膝や股関節、足部や足趾の変性疾患、ロコモシンドローム等の熟年者、スポーツを始めたばかりの児童、生徒、メタボリックシンドロームが気になり始めた青年、中年者全ての方に当てはまるとおもっております。
きちんと評価をして、いったい何が悪さをしているのかを、患者さん個々と確認して、合理的なトレーニングを行って頂くこと、これこそが大切だと考えております。

岩井グループ リハビリテーション科
理学療法士一同

リハビリテーションプログラム

ページトップへ戻る
公式SNS
Face book You Tube
Twitter Face book