お知らせ

【プレスリリース】患者さんの安心・安全のため、全職員のPCR定期検査を実施

2020年12月17日

医療法人財団 岩井医療財団 岩井整形外科内科病院(所在地:東京都江戸川区 院長:岩井 宏樹、以下「岩井整形外科内科病院」)は、2020年11月より、全職員に対し新型コロナウイルスのPCR検査を実施しております。

新型コロナウイルスの感染拡大により、医療機関の「受診控え」が顕著になっています。しかし、受診を控える多くの患者さんが症状を抱えながらの生活を強いられており、医療機関には「安心して来院し、治療が受けられる環境づくり」が求められています。岩井整形外科内科病院では、患者さんの安心・安全のため、新型コロナ対策本部を立ち上げて対策を徹底しております。

具体的には、入院される患者さん全員に画像診断によるスクリーニング検査に加えて、新型コロナウイルスのPCR検査を行い、陰性を確認した上で入院していただいております。職員にも定期的なPCR検査を行うことで、院内感染のリスクをさらに低減できると考えております。

職員へのPCR検査には、新型コロナウイルス検査センター株式会社提供の唾液によるPCR検査を採用しました。2020年11月に1回目の検査を全職員に実施し、全員の陰性を確認しました。今後、定期的に全職員を対象として検査を実施していく予定です。本検査によって陽性者が出た場合は、管轄の保健所の指示の下適切な対応を取ってまいります。

なお、年内にも院内にPCR検査機器を導入する予定です。これにより、自院にて患者さんや職員のPCR検査が可能になります。院内実施により当日中に検査結果が判明するため、早期診断や感染防止拡大に非常に有効です。

当院の新型コロナ対策について、詳しくは「新型コロナウイルス(COVID-19)感染対策」をご確認ください。

本件の取材に関するお問い合わせ先

医療法人財団 岩井医療財団 広報課
TEL:03-6433-3063 メール:koho@iwai.com

  • 岩井グループ
    施設紹介

当グループは東京都江戸川区と品川区に病院が御座います。
腰や首の治療は両病院、スポーツによるケガの治療は稲波脊椎・関節病院で行っております。